« 2005年1月:バックナンバー05 | トップページ | 2005年4月:バックナンバー07 »

2006年1月13日 (金)

2005年2月:バックナンバー06

NO,06
週末にブラリというか、一瞬だけ心斎橋の方へ行ってた。というのも、スーパーレスキュウの祷さんから「新作のニット帽を入荷した」というメールがダイレクトに届いてきたんで、これは「来い」という命令なんやろうなと思い、車で即出動。
で、店に着いたら祷さんの姿は無くて「なんじゃそれ」な感じ。とりあえずニット帽だけ買って(これがまたカッコエエ)そのままL.P.U.へ歩いて移動。

L.P.U.ではHORN君が眠たそうな目で働いてたんで、おちょくったりして楽しみつつ、新作チェック。あーんまりガバの新作が無いな~。とか思って店内を見回してたら、NISHの新作を発見。おーこれ欲しいジャン!というワケで迷わず購入。他にもSCOTT BROWNの"10 YEARS OF HARDCORE"というCDがあったので「へー」とか思ってたら、HORN君が店内のスピーカーを大音量にして聴かせてくれたので、「うお!カッコエエやん」てな催眠術にかかってしまって買っちゃいました。あとはゴッドO.Dの新作もゲットして、財布の中身もスッカラカンになったところで引き揚げてきました。

帰りの車の中で早速ビリビリと袋を破って、順番にリスニング開始したんやけど、コレがまた全部良かった!ゴッドO.Dはいつもどおり言うまでもなく良くて満足。あとは、「へーSCOTT BROWNってこんな曲作るんやー」とビックリしたり(実はワタクシ、スコット本人に何度も会ってるにも関わらず、まともに彼の作品を聴いたことが無かったのでした。)「うーわ!NISHってスゲエな!」とビックリしたり(実はワタクシ、NISHくん本人に何度も会ってるにも関わらず、まともに彼の作品を聴いたことが無かったのでした。)、車の中で興奮しながら帰ってきました。いやはや、人の曲はちゃんと聴いてみるもんやね。

そんなこんなでHARDCOREOSAKA.COMでもありましたが、サウンドカードを購入して取り付けたりしました。
まー、どうなんかねー。確かに音は良くなった(ような気がする)!これでオレもちょっとは曲を聴いてもらえる環境になったかな。でもまあ、ホンマに日本橋はチョッピリ暗めの人間がいっぱい集まっててオモシロかったです。
前に違うところでも書いたけど、数年前にAKZKくんと一緒に「楽しい画像を撮りに行こう!」ってことになって日本橋へ行ったときは最高でした。でっかいアニメ関連の専門ショップにビデオカメラを隠し持って潜入し、大型モニターで流れているエロいアニメをジッと見つめてる20代後半くらいのデブをズーっと撮影したり、その店の店員(なぜかハッピにハチマキ)のレジ対応(これがまたキモい!)とかを撮影したりして喜んでました。あー最低やね、その時のオレら。

その後、なぜか大阪城公園に場所を移して、ブルーシートに住んでる人たちに「僕ら犬が大好きなんですヨー。」とか言うて、そいつらが飼うてるキッタナイ犬を撮影するフリをしながらお住まいの中にまでカメラを持ち込んで撮影してました。ホンマ最低やな、オレら。いやいや、それはもう若かりし頃のホロ苦い思い出っていう事で・・・。もちろん今では立派な大人ですよ。反省してます、マジで。

そんな個人的に思い入れの強い町である日本橋なんですが、最近話題になってるやないですか、海賊版DVD。アレどうなんよ?オレの知り合いもそういうのんをWIN MXとかで落として観てるんやけどさー。アレって画像汚いやろ?そいつ曰く、「まだ劇場未公開のんとか今公開中のやつも持ってるぜ!」とのことなんやけど、そこまでして観たいんかー?って思うねんな。
映画ってやっぱ映画館の大画面でデカイ音で観てこそ100%楽しめると思うんやけど。そりゃあまあオレだって家で日曜にやってる映画の番組とか観るけどさー。なにもそこまでしてキッタナイ画面で映画観たいとは思わんなー。逆になんかビンボー臭いやん。金は無くとも心は錦でありたいやんけ。

海賊版→映画→テレビ、で思い出したけど、オンドレらこの前の週末にやってた心霊の番組観た?オレ様ちゃんはそういう幽霊とかオバケみたいな類は全く信用して無いワケなんやけど、その番組はマジ怖かったね。
ほら、井戸の上に家建てたらアカンっていうやんか、それやのにその番組に相談してきはった家が井戸の上に家建てとーんねん。んで、なんやかんやで神の怒りに触れたとかでめっさ怖い霊現象が家を襲うんよ。しかも神様って一番恐ろしいお稲荷さん。なんか有名な霊媒師の人がやって来るんやけど、やっぱ神様が相手やから全然勝ち目なしって感じなんよ。で、その家を襲う霊現象って言うのは、壁に「しね」って書いてあったり、家中のいろんなモノが自然発火したりでキャー怖い。一番ビビったのは、その取材があった次の日に、締め切ってあった仏壇の扉に何枚ものお札が突き刺さりまくってた事!コエー!!オレのお稲荷さんも縮み上がってもうたよ。

で、そういうのは確かに怖いんやけど、やっぱり霊とかは信じへんねんわ。だって見たことあらへんし。ただ、しょっちゅう金縛りにはなる。最近はそうでも無いんやけど、一時期は毎日のように金縛りになってた時があって、それがあまりにもしょっちゅうすぎて、しまいには金縛りを超越してしまいました。
ちなみにオレの体得している奥義は、「金縛りが解ける」「かかる瞬間がわかる」「かかる瞬間に、かかるか回避するか選べる」「金縛り状態を堪能できる」などです。最後の「金縛りを堪能できる」っていうのは変態みたいなんやけど、これがまたなんちゅうの、わかる人にはわかると思うけど、最高に気持ちエエ。カラダ全体が布団の中に沈みこんでしまって動かれへんねんけど、その動かれへんっていうのがもう、「動かんでもエエわー」って感じで極楽なんよね。だから最近は金縛りになりそう!っていう瞬間が来たら、迷わずかかっています。キミも試してみようぜ!!

今日、あるメールがオレのところに届いた。
件名が「急なメール失礼かもしれませんが聞いてください。」というもので、内容は、

『実は私…男性との出会いが欲しくってメールしちゃいました。
仕事は看護師なので女性だけの職場です。毎日仕事と家の往復ばっかりで退屈しています。半年前に彼氏と別れてしまったのでお正月も病院で仕事していました。
なんか暗いメールみたいになっちゃってごめんなさいwwでも高校時代は新体操部で一応人気はあったんですよw今はナース寮を出て一人暮らししてます!
だから門限もないし自由の身なんです。もし良かったらこれをきっかけに、知り合いになってくれませんか?あっ!!チャットとかってOKな人ですか?最初から電話は抵抗ありますよね?』

というもの。そうか・・・、なんて大変な日々を過ごしているんだこの人は・・・。数年前のオレならこんなメールは無視するところだが、今のオレは違う。日本橋や大阪城公園でオタクや社会的弱者をおちょくっていたあの頃のオレじゃない。今は、少しでも人の役に立てれば、より多くの人へ愛を!!そんなオレだ。
そうか・・・きっと高校時代は楽しかったんだろうな・・・。新体操部っちゅうねんから、そりゃあシンドかったやろう・・・。でもその時は周りにいっぱい友達もいて、苦しいこともへっちゃらになるくらい楽しい仲間と一緒やったから頑張れたんやろう。それが今は看護婦という責任ある大変な仕事に就いて、心身ともに疲れが出てきたんやろうな。だって看護婦いうたら3交代制とかでさあ、オレようわからんけどめっちゃ大変なんやろ?病気や怪我で駆け込んできた人を看護するっていうその仕事は本当に大変やろう。でも、コイツ超輝いてるよ。
メールの中に「男性との出会いが欲しくって」って書いてあったけど、オレの出来る範囲で応援してあげたいと思う。ヨシ、任せろ。この場を借りて、男性との出会い方をオレが教えたるわ。
まず男性と出会いたいなら、やっぱり男の気持ちを理解することなんちゃうかな。んで、その一番の近道が「男性が好きなものを理解する」ってことやろ。
オレに出来ることってやっぱGABBAを教えてあげることかな。男クサイGABBAを聴いてたらきっと素敵な男性と知り合えると思う。そこでオススメなのがMADDEST CHICK'NDOMからリリースされているDJ CHUCKY presents "HARDCORE JUNKIEEE"っていうCD。このCDにはGABBAだけでなくHAPPY HARDCOREっていうジャンルの音楽も入っててオトクやし、看護婦の仕事の疲れもフッ飛ぶくらいゴリゴリのダンストラックがいっぱい入ってる。もちろん、これさえ聴いてれば男なんてヒョイヒョイ見つかるはず!オレの曲も収録されてるから是非買ってくれよな!
ってな感じでどうやろか。オレに出来ることってせいぜいこれくらいやけど、まあ、これでこの人も素敵な男性が見つかるやろう!あ、礼なんかいらんから気を使わないでネ。

・・・いやあ、なんか良い事したな、オレ!!お前らもGABBAとかHARDCORE聴いてシコってるだけやったらアカンぞ!オレみたいに他人と地球には優しくせェへんかったらホンマモンのHARDCOREちゃうで!!
あーなんかZARDの"負けないで"聴きたくなってきたなー!!

Feb/2005

|

« 2005年1月:バックナンバー05 | トップページ | 2005年4月:バックナンバー07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27094/331164

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年2月:バックナンバー06:

« 2005年1月:バックナンバー05 | トップページ | 2005年4月:バックナンバー07 »