« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

2012年1月 6日 (金)

ズーマー エンジン組み立て

ケニチハーー!
気がついたらもう正月が終わってた感じがするWARSTです!
ていうか、まだ去年の正月気分が抜け切ってないまま一年が過ぎたのに、また正月かいな~って感じでした。

今年こそは街乗り用のズーマーを完成させてフツーに毎日酷使したいな~って思ってます!

ちゅうコトで、前回ベアリング交換をしたクランクを使ってエンジンの組み立てぶぁい!
まずはピストンを優しくシリンダーにブッ込みクランクをケースにセット。

2_023

ベアリング側面の溝と、ケースの間に収まる弓状のガイドみたいなパーツがピッタリだったのでひと安心。

ケースとベアリングに隙間が出来ないようにキッチリとクランクをハメたらチェーンをかけまーす。

2_024_2

そんだらば、もうコイツらには用事がないので、ケースに液体ガスケットをヌリヌリ!

2_025

合わせ面にちゃんとガスケットを塗っておかないとオイル漏れの原因になるから慎重にやっとります!

そして、封印!!!

2_026

あ、ココ塗らんでよかったんか・・・

2_027

エンジン後方の9本のボルトを均等なトルクで締めていく!
ま、トルクレンチを持ってへんから感覚なんスけどねw

2_028

ほい!とりあえずカタチになった!

2_029

次はジェネレーターの裏の部分に当たる、側面のカバーを締める!

2_033

ここにはガスケット塗らんでも良いんかもしれんけど、ここからオイルが漏れるって話をちょくちょく聞くので念のために塗りました!

で、新しいオイルシールを組み付けたカバーを組み付けます!

2_034

シャフトの両側にあるオイルシールには左と右で超微妙にサイズがちがうので左右を間違えるとオイル漏れの原因になるらしいぜ!
オレは交換する直前まで古い方を着けたままにしておいて、交換するときにオイルシールに書かれてる型番を確認して交換してます!

でも、もうどっちがどっちやったか忘れちゃった・・・テヘ☆

あと、、この状態までいっちゃうと、クランクシャフトに引っ掛けたチェーンを触れなくなってまうんやけど、チェーンそのものはまだブランブランなので簡単にシャフトから外れる可能性もあるのでビビリながらやってます・・・

んで、こっからが本番。
チェーンの位置合わせ。

まず、フライホイールの側面にある『|TF|』っていう刻印を見つけろ!!

2035

TFの意味は知らん!!
で、フライホイールをシャフトに入れて、回してエンジン側の『▲』と合わせる!

2036

このとき、あんまり調子コイてシャフトを回しまくると、シャフトに引っ掛けただけのチェーンが外れてしまうので、その辺はビビリながらやれ!!!

ちなみに、これとまったく同じようなことを過去にもやっていたりして・・・
http://warst.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-53cd.html

内容ほとんど一緒w

次に、分解した際に人に投げつけた手裏剣を用意。

2_037

と、ここへきて響き渡る除夜の鐘!!!

2_038

そう!この時点で年明け!!!!

う、うわああ・・・ぼぼぼぼ僕は一体何をしてるんや・・・!!!
何で原付のエンジン組み立てながら年越さなアカンねん!

というワケで、作業をヤメてテレビでジャニーズのライブを見ながら、汚れた手でどん兵衛を食べて2012年を迎える。V6・・・元気ないな~

彼らを見てると急にヤル気が出てきた。

オレ、やっぱこのまま途中でヤメるワケにはいかん!!!
正月だろうがなんだろうがやってやる!!
ありがとうV6!!!

というワケで作業再開!!
さっきの手裏剣にチェーンを引っ掛け、エンジン前方のマークを合わせる!!

2039

手裏剣にチェーンをかけてからマークを合わせるというよりも、マークを合わせつつチェーンを引っ掛ける感じ。
気をつけないとすぐにマークの位置がズレてまうから慎重に!

そして、そのままカップ状のパーツを手裏剣の上に合わせてボルト!

2_040

ここのネジは、はずすときもそうやったけど、チェーンやクランクごと共回りしてなかなか締めにくいので、こんな感じ↓でプーリーフェイスをシャフトにカマせて手で固定しながら締めるとやりやすい。

2_046

バラすときもこうすればよかった・・・

これでチェーンの位置はピッタリなので、いったんフライホイールをはずして、

2_041

ジェネレータを元通りに装着。

2_042

そのあとフライホイールも締めて、最後にエンジン上部にカムチェーンテンショナーを装着します!

2_043

コイツを組み付けるときには、まず真ん中のプラスネジをはずして、画像のように細めのマイナスドライバーを突っ込んで回して、緩めながら両側の2本のボルトを締めてやると綺麗に締まってくれます!

で、両側の2本のボルトを締めた後に、真ん中の穴に突っ込んだマイナスドライバーでテンションがかかってるのを確認してから、プラスネジの蓋をする。

オレも最初はよくわからんかったけど、やれば仕組みがわかるはず!

最後に駆動系側に新しいオイルシールをハメる!!

2_044

いよーし!できた!!!!これでひと段落や!!!

達成感を味わいつつ、ふと外を見ると・・・

2_047

初日の出!!!!\(^o^)/



・・・こんな元旦やだw

| | コメント (9)

2012年1月 4日 (水)

新・ズーマーのベアリング交換

か、風が・・・風がフ~・・・風がフ~ってするの・・・

どうもーー!オレもブラジャーはずされたいです!!
んなワケで前回の続きヒュビ豪!!!

カップワイヤーでギミギミSHAKEしたズーマーのエングジング!
とりあえずヘッドカバーをフ~ってするのheart

2_001

そっからは、テキトーに外せそうなところを外していく!
オレは最初にカムチェーンテンショナーから脱がせました!

2_002

いや~、それにしても綺麗すぎやなこのエンジンw
次にエンジン後方のボルトを9本外す!!

2003

一番下の3つは画像には写ってへんけど、この3つだけ長さが短くて他のは全部同じ長さである。

ちなみに。この9本のボルトを外す前に、ラジエター側のステーターベースカバーってやつ?
コレ↓
30_012

コレを外しとかなエンジンを分割できへんので注意!!

で、9本とも外したら、プラスチックハンマーなんかでコンコン叩くと簡単にエンジンが割れましておめでとう!!

2_004

エンジン前方のチェーンが引っかかってる手裏剣からチェーンをはずしたら、そのままその手裏剣を周りにいる人に思いっきり投げつけてみよう!!!

2_005

メッチャ怒ってくるヨ☆

あとは両手でクランクシャフトを真上に持ち上げればあっさりとクランクが抜けます!

2_006

でだ。
取り出したクランクシャフトを手に持ち、「よくガタつく」ってい方のベアリングを回してガタつきを確認してみる!!

2_007

・・・って、アレ?
ほとんどっていうか、まったくってくらいガタつきないんですけどw

指でベアリングを回してみても少し「シャー・・・」って鳴る程度。
これくらいなら新品の状態でも鳴るんちゃうんけ????

む~~~、コレは危険を冒してまでベアリング交換する必要はないんちゃうんか・・・
などと悩むこと数分。。。。

他にすることないし、大掃除なんてする気もない!!ここまできたからにはやる!!!

ちなみにこの時点でまだ年末である。

そうと決まれば即、クランクを拷問器具にかけてベアリングを抜きにかかる!!!

2_008

メリメリメリメリ・・・・
取れないはずのモノが専用工具で無理矢理はずされる瞬間・・・・
んふ~、なんかすごいセクシュアル!!
オレ、マジでこういうときにエクスタシーを感じるheartheartheart

2_009

ほい取れた!

ベアリングを取ったクランクはそのまま冷凍庫へ入れて冷やしておく!

2_010

ご覧の通り、冷凍庫は空っぽさ!
ウン、オレ、マジで貧乏なんだ☆

で、クランクを冷やしている間に昼メシ。
この日の昼のメニューは、炊いたご飯にシーチキンをブッかけるだけという贅沢なご馳走!そう、東大阪のミスター味っ子とはオレのことである。

そんなザンパニッシュ(世間で言う残飯)なメシを口の中に捨てたあとには作業再開!
交換する新品ベアリングと、さっき食べたばかりのシーチキンの缶を用意!

2_011

で、シーチキンの空き缶に4ストオイルをトロトロトロ~・・・

2_012

で、そこに新しいベアリングをドボーーーーン!!!!

2_013

そしてそのままストーブの上に置く!!

2_014

そう!今回も熱膨張を利用してベアリングをシャフトに挿入するのだ!
冷凍庫で冷やしたシャフトは収縮し、熱したベアリングは膨張するッ!!!

これぞ!昼メシと部屋の暖房を兼ね備えた究極の貧乏カスタムなのだーーー!!

そのままベアリングを熱すること数分、「カタカタ・・・」と音がしてきた!
ちなみにベアリングは120度以上は熱してはいけないことになってます。

んー!これは頃合!急いで冷凍庫からクランクを取り出しセッティング!!

2_015

キンキンに冷えておりますw
この時点で、前回の失敗を繰り返さないように、ベアリングを打ち込むための筒(ホームセンターで売ってる水道用のパイプ)とプラスチックハンマーを手元に準備しておき・・・

いざ尋常に!!!

熱したベアリングをオイルから取り出して・・・

2_016

向きに注意しながら、シャフトの真上から静かに・・・・

2_017

落とす・・・・・

2_018

あ、やっぱ中途半端なところで止まってもたwwww

ヤヴァイヤヴァイ!!ヤヴァイブレーター!!
このままやと熱膨張の魔法が解けてしまう!!!

すぐに手元に準備してあったパイプをベアリングの上にセットしてハンマーで叩く!!!

オラ!オラ!!武m・・・

2_019

あらま、軽く叩いただけでスコン!と綺麗に入っちゃいました!

おおおお!!まさかの大成功!!!

2_020

今回は下準備が完璧やったからかな??
あっさり討ち取ったりーーー!!

2_021

で、使い終わったオイルは冷えてから再び元の缶へ・・・w

2_022

ベアリング温めただけやしな・・・MOTTAINAIし・・・オレ、BINGBOWやし・・・

その後、挿入したベアリングを指で回してみると・・・「サーーー・・・」って感じ!
うわー、交換前とやっぱちがうやん!って感じ。
いやー、今回は交換せんとこかなって思ってたけどこんなにちがうもんなのか・・・・
ウーム、、、やって良かった!!

| | コメント (8)

2012年1月 3日 (火)

新年より信念

明けーッス!

はぁー、プリンタ壊れた!!色が出ない!!
3時間くらいヘッドクリーニングしまくったのに色が出えへんからイライラMAXッスわ!!
ほっばびぼー!正月早々困るわ~・・・今年はバタバタしてたから年が明けてから年賀状作ってたのに最後の最後で印刷できませ~ん!送ってくれはった方にはちゃんと送りますのでよろしくお願いします!!

そんなワケで、オレは年末31日の夜11時45分までズーマーのエンジンで遊んでたんやけど、あまりにも長すぎるので端折りながら書きます!!

まずは前回の続きから。
フライホイールをはずす!

30_006

フライホイールをユニバーサルなんちゃらっていうクラッチをはずすときの工具で固定しつつ、真ん中のナットをズコンッと回してはずしたら、お次はフライホイールプーラーの登場!

30_007

以前は自作の工具ではずしてたフライホイールやけど、やっぱ専用工具はちがうぜ!
コイツをフライホイールに時計回り(普通とは逆方向)でネジこんでいって、真ん中のネジを締めこんでいく!!

30_008

おらよー!!
すると、「カキッ!」という音とともにあっけなくフライホイール撃破!!

30_009

ウム!次の敵はジェネレーター周り!
コイツをはずすには赤丸部分のボルトをチェケラしていけばよい!

30_010

ジェネレーターとピックアップコイルをはずしたら、次はこのカバーをはずす!

30_011

ここはボルト4個をはずせばOK。
しかしながら、このカバーは密着してるので、テキトーなドライバーをテキトーな場所にカマして「テコの原理」でパキッと剥がす!

30_012

おっしゃ取れた!

30_013

ちなみにこの段階でオイルを抜いていないと悲惨な目に遭えます。

で、次はココ。名前は何ていうのか知らんけどここを取り去る。

30_014

ここは8mmのボルトを3つ取れば簡単にはずれます。

取れた。

30_015

うわー、コイツやコイツ。強敵現れた!

30_016

このネジ2本がなかなかの強敵なんよね~。
このネジ回そうとしたら、チェーンから何から全部回ってまうからはずされへんねん!!

30_017

あ、ここまできて思い出した。

フライホイールをはずす前にこのネジはずしとかなアカンねやった!

というワケで、急遽フライホイールのみをもう一度クランクシャフトにセットして、ユニバーサルなんちゃらで固定して共回りしないようにといてトライ!

30_018

ハイ、取れたー!!

30_019

別の方法としては、駆動系側のシャフトにドライブフェイスをカマしてもいけると思う。

とにかく、この2つのボルトはフライホイールをはずす前に取っておいた方が楽です。

と、ここまできた段階で、エンジンがあまりにも汚いことに我慢出来ず、先に洗浄することにしました!

30_021

すごい油汚れ。これはジョイくんでも無理かもしれん・・・・

そして、先ほどはずしたフライホイール。

30_022

錆まくりw
というワケで、こういった汚れやら錆をカップワイヤーで削り取っていきます!!!

ギャイイイイイイーーーーーーン!!!!ギャギャギャギャ!!!!

30_023

ほふぅ・・・気持ちいい・・・!!!

エンジン本体もバリバリ削っていきます!!!

30_024

土の汚れも油汚れもみるみるうちに削りとれていく!!!
ジョイくんなんかいらんわ!

30_025

キュピーーーン☆
見よ!この輝き!!!


これで汚れをきにせずに快適に作業が出来るってもんよ!!
ちなみにこの段階で、まだ年末ですw

じゃあ眠いから寝ます・・・

| | コメント (20)

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »