« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月12日 (土)

佐々木のメット

510005

バイクの税金払ってきた。


どうも!4台分の税金の支払いで今月も早速ピンチのWARSTです!

いやー、ネタはあるんやけど、うまく時間が作れずに更新が滞ってます・・・
昨日も書こうと思ってたんやけど、もんの凄い下痢がオレの腹を強襲してくれたために断念しましたw

そんなワケで今日は以前から預かってた「佐々木のメット」の塗装です!!

結局、あれから何度かの細かい修正をしてました。

504_002

トータルで10回くらいパテ→硬化待ち→研磨→パテ・・・を繰り返したと思う。
自分のなら楽しいんやけど、他人のパテ盛り削りほどつまらんものはないなってつくづく思いましたw
もう絶対にこんな依頼は受けへんどー!!!

だがしかし、ここで中途半端な出来にはしたくねえ!!やるからにゃあ依頼人がひっくり返るくらいのクオリティーのモンに仕上げたるッ!!!

表面の凸凹を制覇したら残るは塗装!まずはプラサフ!

504_004

・・・だが、またもや凹みを発見しパテ盛り・・・・

504_030

・・・折れねえよ。ここで折れたら負け。
塗装は忍耐勝負。もう我慢大会ッスわw

で、
盛ったパテを綺麗に研磨して、一気にブラックマイカ塗装!!!

504_037

いや~、黒って楽やわ~。
黄色とか白系に比べたらハナクソレベルやんけ~。
テキトーにシャシャーッてスプレー吹くだけで綺麗に色が乗ってゆく~~♪


・・・・が、
今度は凸部分を発見!!!\(^o^)/

ハハハハ・・・もちろん削ったさ・・・・(泣

504_045

そして、ふたたび黒を塗り、そのまま3日放置ンゲ!

完全にシンナーが飛んだところでウレタンクリアーぶっかけ祭り!!!

510_006

ちゅるんちゅるん☆

見よ!!この艶!!!
やっぱウレタンは輝きが違うわ~。

「クリアーは垂れるまで!」が信条のオレは今回も垂らすくらいの勢いでベットベトに塗りたくってやったんやけど、奇跡的にまったく垂れずに塗りきることに成功!!
なんか技術上がってんのんちゃうんオレ~~?

んで、そのまま硬化するのを丸2日ほど待って、耳や頭頂部のパーツを取り付けて、やっと・・・やっとのやっとのやっと!!!完成~~。


510_017

完璧すぎる・・・・・

適当に色を選んで塗装したんやけど、奇跡的に元のカラーと識別できへんくらいそっくりな色でした!!おかげで、耳や口のパーツは塗ってないのに違和感ゼロ!

そしてこの仕上がり!!自分のでないのが悔しいくらいに100%な出来栄え!

ま、これが自分のヘルメットなら、ここからさらに1500番で研磨→コンパウンド地獄に突入するんやけど、依頼人に「それだけは自分でやれ」と最初に言ってあるのでオレの仕事はここまで!・・・ま、そんなんせんでもエエくらいにチュルンチュルンやけどw

いやー、やっぱ塗装は金と時間と手間は惜しんだらイカンのだな!!



んなワケで、ヘルメット塗装地獄、ここに幕!!

| | コメント (11)

2012年5月 9日 (水)

ZOOKのメンテ

ねるねるじぇらじぇら!!

どうも!チャイドルブームがまたこないかな~と思っているWARSTです!

今日の具財はコチラ!!

504_017

全国で推定100人程度しか乗ってへんのとちゃうかっていうZOOKのフロントブレーキドラム!

日常で酷使しまくってるオレのZOOKも、さすがにあちらこちらガタがきてるんやけど、近頃はどうやらスピードメーターが動いていない模様。

というワケで、先日調べてみたところ、画像の矢印の部分のツメがポッキリ折れてたので新しく(といっても中古しか存在せえへんねんけど)交換してやることにしたのだ!

504018

それにしても、「中古パーツだから汚い」とか「油まみれ」だとか、なんかそういうのを軽く通り越して化石のような状態・・・・

504_019

パッと見は石に色を塗ったのかと思うくらいの腐食っぷり。
まあ、発売後20年以上も経過しているズークやからしゃーないw

とにかく、スピードメーターを正常に動くようにするためには、このツメの部分、つまりはスピードメータギヤのピンだけを交換すればOKなワケやねんけど、厄介なことにコイツだけを取り外すということができぬのだ・・・。いや、できるのかもしれんけど、それならドラム丸ごと交換してしまった方がはるかに効率が良い!

とは言っても、塗装だけはしておきたいので、いつものように後先を考えず全バラ。

504_048

そんでもって超能力のPKサンダーとPKリューターで塗膜を剥離!!

506_003

テキトーにマスキングしてテキトーにプラサフをシューッ!!

506_005

基本的にズークに関する作業はテキトーなのである。
ズークには厳しく接してやるのがオレのモットー。

とは言うものの、黄色の塗装は特に下地が大事ということはこれまでに何度も学んだので、徹底的に真っ白にしてやりました。
少しでも下地が黒い部分が残っていると、どれだけ黄色を厚塗りしてもずーーっと祟ってくるのだ。

で、サフが乾いたら速攻でイエローをぶっかけます!!

506_006

ドロッドロのベットベトwwwwww

やりすぎて泡がブクブク~~

506_007

だが気にしない。ズークだから。



あとはこの上からクリアーを塗ればできあがりやねんけど、他のパーツをウレタンクリアーで塗装するときにまとめて塗ってやろうと思うので、しばらく放置決定!

| | コメント (14)

2012年5月 7日 (月)

どうもーーーー!!!!

507_003

WARSTだニャ~~~~ン!!!!


507_001

モミ~・・・・


507_002

モミッ!!!!!

はじめまして、変態です。



今日は道行く人々全員にメンチ切りまくりの半妖のオレだったんですが、とりあえず黄ズーマー用のPC20に塗装をしました!!

504_006

もちろんブラックマイカ!
いや~、やっぱダーク系の塗装は楽やわ~。
オレの経験した中で一番厄介なのは蛍光イエロー・・・
アレだけはホコリがすんごい目立つ!!

そんでもって、製作中のNEWズーマーのラジエターの一部をカット!!


506_001

これでサスには干渉せんはず。

あと、リアサスの塗装を剥がしたり、各種アダプターの整形もしました!


506_002

組み付けてみると。。。

506_008

おー・・・
どうやら干渉することもなさそう!!
これでまた課題を一つクリアーした感じ!

それでは眠いので寝るニャ~cat

| | コメント (9)

2012年5月 6日 (日)

エアーコンプレッサーBOX

どうも!
ジーダボカスタムを満喫しているなか、大阪府警より送られてきた『放置違反金納付書』で一気にションボリのWARSTです!!

今回は、先日勢いまかせで骨組みを作り、コンパネで覆った「エアーコンプレッサーBOX」製作の続きである!

0429_031_2

0501_004_2

もちろん製作する理由は苦情対策のため。
マンションなのでご近所に迷惑はご法度なのである。
ちなみに、これまで苦情を受けたことは無い。

あんまり多用するつもりもないので、今回は放熱よりも防音と防振を最優先にするのだ。

で、ネットで防音について調べまくったところ、「堅く重く密度の高い素材で密封する」、「振動させない」ってのが鉄則だということを学習。
そして、防音対策には高音と低音の2種類があって、「高音域には遮音」、「低音域には吸音」とそれぞれの対策をしなければならないってのも学習!

あと、音の伝わり方として、高音域は位置をつかみやすいが、低音域は出所がわかりづらいらしい。つまり、高音さえ徹底的にカットしてやれば、どこから低音が鳴っているのかバレにくいっていうか、苦情の矛先がわかりにくいっていう・・・w

つうワケで、ボックスの底にゴム足を4つ取り付けて、内部壁にはアクリアっていう建築用の断熱材を張ってみた。振動対策と吸音。まずはこれで低音域の防音効果UP!

502_003

扉を閉めたときに出来る隙間は薄いゴム板でキャンセル!高音のカット!

熱は無視!
まー、真夏に多用せんかったらいけるやろ~。
ネットでいろんな防音ボックスを見て周ったけど、熱対策と防音対策の2つを追い求めると失敗してるのが多い。なのでオレは熱対策は捨てる!
真夏に多用しないってのが最大の熱対策なのだ!

次に天井部分に吸気用とホースの穴、床部分に電源用の穴を開けて、コンプレッサーを入れてみた。

502_004

コンプレッサーの底には元々ゴム足が付いてたけど、さらにもう一枚ホームセンターコーナンで買ってきた「揺れ防止用のゴムマット」を敷いて振動対策!低音カット!


天井部分のホース用の穴の隙間はホットボンドで塞ぐ!高音カット!

504_025

で、吸気用の穴には水道用パイプをブッ刺し、スクーピーのエアクリーナーを装着!

504_024

直キャブやパワフィルのにしたら音がでかくなるんやから、その反対にエアクリーナーを付けてやれば吸気音は小さくなるに決まっとんがなっていう、まさに原付改造ブログならではの発想。
でも、いろんなサイトで紹介されてる自作ボックスでもこれをやってるのは見たことがない!むしろ、なぜ誰もやってへんねん!お前らクルマとかバイクいじっとったら気づくやろ~!!

ちなみに、水道用パイプはボックスの中央部あたりまで伸ばしてあります。
なぜなら、筒が長ければ長いほど発生する音は低くなるから。

ストローで笛を作るオッサンのパフォーマンスで、笛を吹きながらハサミでそのストローをカットしていくとどんどん音階が高くなるってのがあるが、つまりはその原理である!
これで高音のカットは完璧なハズ!!


そして前面の扉にはコンプレッサーのメーターが見えるように窓も作りました!

504_023

裏側からアクリル板をホットボンドで固定しただけやけどw

で、この防音ボックスをカスタム部屋のクローゼットの中に設置!!

504_021


床にはゴムシート、コンクリートブロックを敷いて振動対策もバッチリ!
マンションの部屋の構造がどの階も同じ作りなので、当然このクローゼットの下もクローゼットということになる。つまり、下の階の住人の頭の真上で音が鳴るということはなく、苦情も起きにくいだろうという作戦。

しかもクローゼットの扉を閉めれば二重の防音になるという一石二鳥なワケだす!!

というワケで、扉を閉めて電源を入れてみるーーーー!!!!

504_022 

う・・・・うおおおおおおお!!!!!

ものすんげえ効果!!!!!


聞いた感じは裸のときと比べて75%くらいはカットされてる!!!!
そしてそのままクローゼットの扉を閉めてみると・・・


504_026

ん゛ーーーーーーーーーーーーー・・・・・

っていう冷蔵庫みたいな低い音×3くらいの音だけが聞こえる・・・・
こ、これは大成功すぎる・・・


そのあと、何度も実験してみたけど、コンプレッサーが起動したとしてもタンク内部の空気が空っぽの状態からでも1分30秒程度、使用中に充填する場合は29秒で自動的に電源がOFFになるから、もし音が漏れていたとしても、苦情を言う間もなくシーーーン・・・ってなる!しかも耳障りなリズムとかじゃなく、「ん゛ーーー」っていう一定の音だけやし、そもそも低音やからオレのところからとは誰もわかるまいwwww

最後にその辺に落ちていた武丸さんのガレージ「タケラボ」のステッカーを貼って完成!!

506

あとで、さらに吸音のためにこの周りに毛布を巻いてやろうと思ってます!

というワケで、今回は理詰めに理詰めで攻めてみたんやけど、うまくいき過ぎなくらいでビックリしました!!

たぶん真夏にオーバーヒートして大惨事を引き起こすことになると思うので、そのときにはまたレポります・・・

| | コメント (8)

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »