« 8mmを曲げた男 | トップページ | 面取り »

2013年1月21日 (月)

やり直したりしてました

どうもーー!!!

先日、自宅でお好み焼きパーティーをしました!

Img_5139

ま、それはいいとして。

その後、厚さ5mmの方のアクリル板も曲げてやりました!!
以前は5mmではかなり苦戦していたんやけど、8mmの後なのでちょろいちょろいw

Img_5094


↑8mmのものと重ねてみました。
今回はこうやって合わせて使おうと思うんっすわ!(5mmが外側で8mmが内側)
もちろんそれぞれの角度もピーッタリ隙間なく合わせてやりましたよ!!


んが・・・


Img_5095

重ね合わせるとズレが生じる。

当然、外側にくる5mmの方が短くなる。
そりゃそうですわよね~。
オレだってそれくらいのことは薄々感じてはいました・・・。しかし「なんとかなるやろう」とw

よく考えたら、先に外側に使う方を整形しておくべきやった。
まあハミ出た8mmの方を切ってしまえば済む話やねんけど、車体に仮合わせしてみるとどうもしっくりこない。逆に長さが足りないのだ。


何を書いてるのかワケがわからんと思うけど、つまりオレは「やりなおす」ことを英断!!
5mmのアクリル板で作ったコイツは捨てると決意!!

てなワケで、改めて3mmでリアスポイラーの外側を作ることにします!!!

Img_5120

再び罫書きんグ。
今度はサイズに余裕を持たせてカットします!

で、切り出したパーツをヒーターで温める!!温める時の「重り」はずー太スタンドを使用。

Img_5096_2

先日、この「ずー太スタンド」の生みの親に会ってきたんですが、彼はしばらく見ないうちに道具を使うことを覚えたらしく、与えられた遊具(トンファー)を武器にして僕に襲いかかってきました。

Img_5136

だんだん人間に近づいてきているようでホッとひと安心。


・・・で、改めて3mmを曲げる。

Img_5122

元となる8mmの方をガイドにしてキッチリと!

今回は今までの行程【カット→整形→曲げ】とは順番を変えて、【カット→曲げ→整形】で作ります!

ステカを使って切り出すための型を作成。

Img_5123



Img_5124



Img_5125

内側にくる8mmを覆うように数ミリ大きめに作成です!

・・・まあ、最初にコッチを作っておけば良かっただけの話なんやけど・・・・ホラ、小生は馬鹿ですのでw

で、切り出し!!!

Img_5129

穴も開けときました!!

Img_5131

3mmなので楽勝~!

しかし、5mmから3mmに変更したのは加工のしやすさが理由ではない!
曲げた時の山の部分のRが5mmでは緩やかすぎて気に食わなかったからである。
まあ、自己満足の世界やけどw


んじゃ、こっからはまた細かい作業をしていきます!

|

« 8mmを曲げた男 | トップページ | 面取り »

コメント

おっ 黄色♪
やっぱWARSTさんといえば黄色のイメージっすね

あ、ちなみにコーナンの豊中夕陽ヶ丘店には今も古い方のコーナンイエロー置いてますよ


さて、トンファー
あれは『肉のカーテン』の構えでもって長い部分を盾として使い『グーパンチ』や『三沢エルボー』のムーヴでもって長い部分の角で殴打するのが正しい使い方です
また、熟練者ともなると『トンファー置きっぱなし式プレーンバスター』という高度な技を使う剛の者も居ます

投稿: ぼる太 | 2013年1月21日 (月) 18時31分

やっぱりやり直した笑
失敗ばっかなのに(⇦冗談)、めっちゃ几帳面 何気に器用っつうのがワーストさんらしいです!!

投稿: のび太 | 2013年1月21日 (月) 20時23分

本来の使い方をされない「ずー太スタンド」ひさしぶりです

クリア素材なのでLEDを使うと夜も綺麗になりそうですね

投稿: きょん | 2013年1月22日 (火) 01時46分

 お好み焼き。大阪ではお好み焼き機は一家に一台標準装備と聞くが・・・。この左端の赤いのはなんなん?ウィンナー??

 こちらではお好み焼きと言えば「広島風」か「そうでないやつ」の差しかわからんが・・・(わからんのは自分だけだと思うが・・・)広島風ってのはあれだよね、焼きそばが入ってるやつ!オムレツの中身が焼きそばになった感じ!だったよな・・・。最近、あれがどんなんだったのか、懐かしさも手伝って昔々に行っていたお店に出向いたら・・・潰れていましたwwwww悲しい・・・。

 チェーン店でお好み焼きを焼いて出してくる店も行った事あるけど、あれは面白くないな。やっぱり自分で焼くに限る!!

 鉄板がたくさんある店で、ステンレスの器にネタが放り込んであって、自分で油引いて、混ぜて鉄板に広げてってやつね。幸せな気分になれるよねぇ、お好み焼き。ただ。お好み焼き屋って絶対一人ではいけないね。お一人様ブーム(笑)が到来しても、お好み焼き屋だけは行けなかった!ハッキリ言うが、一人で食ってるやつなんかいない!そもそも店に入る時点で一人じゃ無理ってオーラが出てるし!
 
 まぁ、郊外のスーパーなんかのフードコートのしょっぼーいお好み焼きなら一人で食えるけどな・・・。あれは空しいな。あと夜店のお好み焼きも虚しい。特にあれはその場で食うに限る。冷えたらものすごく不味い!そして、こういう粉もの系は総じて出来立てがMAXで、後はどんどん劣化する!鉄と同じである。熱いときに打て!なのだ。

どーでもいいかwwww 

 アクリル板は結局やり直したのか。まぁ、素材がよくても形が気に入らないとか、細かい点が気に入らないとずっと気になり続けるのは、よくわかる。気にしながら乗ってても、全然面白くない。他人が見れば、「そんな事」であっても、「そんな事」こそ大事なのだ。

 こう言う細かい部分に妥協が効かないと言うのは、理解できない人にとっては奇異に見られるらしい。しかも、その仕上がり具合の「施工前、施工後」の差がほとんどないような場合があったりすると、もうwwwww

 でもね。物を作る人って結構そういうところがあると思うし、そういうところの積み重ねがカスタムなんだよね。「取って付けましたー!」ってなるか「え?どこで売ってんの?」ってのの差って、そりゃ素材や工法も物を言うんだけどこういう細かい点でいかに「妥協するかしないか」だと思う。妥協の積み重ねがいいものになるわけがないのだ。

 とは言え、WARSTさんの場合はかなりきてるけどねwwwww

 まぁ強度的に言えば5ミリがいいような気もするけれど、軽量化で3ミリってのも悪くない??wwwwww(重量そんなに変わらんだろうけど)

 久々に出たずー太。そしてその生みの親さんが登場!つかマジにトンファーらしきものを持っている!こええよ!何だかんだいってもこういう木製冶具って、工場とかでは沢山見るね。もう角が丸くなって黒ずんでてね。でも、誰も新しいものを作らないし、それを使い続けていて、なんかこう、その場所の一部みたいになっているこの手の冶具って見てると歴史を感じたりもします。これがブロックとかレンガとかだとやっつけ感が出て、違うよなぁって思う。

 昔仕事先でこういう冶具沢山見ました。扉を開けとくやつだったり、機械の土台に挟むやつだったり、部材の止め具だったり。生産するときのちょっとした仕掛けだったり。どれも味があったねぇ。ずー太はまだまだ綺麗だけど、これからも活躍することだろうね。

 ステカで型紙かぁ、そういう手もあるのねぇ。そうそう、WARSTさんに言われて、プリンターを買い換えようと思っていますwwww今の見たら性能すげーのな。PC周りほど新しいものに限るよなぁ・・・デジタルの世界に使い込まれた味ってあんまりないもんなぁ。(使いやすい、使いにくいとは別の話だけど)

投稿: Rice Long | 2013年1月22日 (火) 21時33分

妥協しないでこそ真のカスタマー
自分は妥協しまくりで後になって

あぁ~やっぱりあの時やっておけば良かったお・・・

ってことが多々有りw
まぁなんだかんだ言って後で直すのよりも今直すほうが当たり前だけど楽なんですよねw

投稿: いかちよ | 2013年1月23日 (水) 23時50分

>ぼる太
ナヌ!!!!それ買いに行ぐヴぁ!!!

>のび太
安定の失敗率です。(自慢)

>きょん
無駄に重いので重宝してますw

>Rice Long
ウインナーでーす!
お好み焼きはあんまり好きちゃうねんけど、突発的に食べたくなったので作ってみたんやけど、熱々のはウマイわ!!

やり直しはここで書いていないのも含めると実は結構してるねんw
治具はヤバイ。確固たる存在意義があるって感じでカッコイイ!

>いかちよ
細かい妥協はしまくってるけど、後でションボリ状態のまま付き合うのはゴメンやもんね!
確かに!出来上がってしまうとあとからはもうよっぽどのことがない限り修正せえへんやろうし、その時その時でやってかないと!…なんてことやってるから全然進みません。

投稿: WARST | 2013年1月26日 (土) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8mmを曲げた男 | トップページ | 面取り »