« Biteのカラーリングを変えようかと思ったりもしています | トップページ | 超次元カスタム »

2013年2月18日 (月)

Re:アクリル板

Img_5297

便所の電気でバッテリー充電するのだ!!
どうも!WARSTです!

じゃあ、そのアクリル板でのオレの苦悩を公開する!

2月某日、出来上がったリアスポイラーに一旦は納得したものの、どうしてもそのクオリティーの低さと、「最初からこうしておけば良かった」という部分が気になり、このままじゃあ引き下がれない、やり直すこと決意!!

しかし、すべてのパーツを作り直すガッツはない。
ていうか、一番外側にくるパーツだけかなり出来が良かったのでそのまま使いたい。

Img_5314

まあ、パテ埋めをしたりヘアライン加工したりでかなり手間がかかったからっていう理由もあるけど・・・w

なので、この外側パーツだけはそのまま使うことにして、その内側に収まるように、再び8mmのアクリル板を加工することにしたのだ!

まあ、それがそもそもの苦悩のはじまりだったりしたワケなんですけど・・・。
っちゅうワケで8mm厚のアクリル板カマゲン!!

Img_5284


前回の最大の失敗は「最初に曲げたこと」。
8mmなんて分厚い板が曲がるのかどうかがわからなかったこともあって、できるだけ早くその不安を解消したいがために前回はカットしてすぐに曲げたんやけど、曲げてから浮かんだアイディアも多くてかなり手間が掛かってしまった。

というワケで今回は、ザグリ→カット→ヘアライン→曲げの順番でいく!

前回使った型があるのでサクサク作業していきます!

Img_5285



Img_5286


いや~、曲がってない平らな板だと作業もしやすいわ~。
そのままカットとヘアラインも完了!

Img_5301



Img_5303

う~ん。平面だとこんなにあっさりしかも綺麗にできてしまうのか・・・。

遠回りしたような気もするけど、失敗があったからこそここにたどり着いたのだと自分に言い聞かせるw

あとは曲げのみ!!じゃあ今から曲げてくる!

|

« Biteのカラーリングを変えようかと思ったりもしています | トップページ | 超次元カスタム »

コメント

すっげーやり直しあるあるw
自分もラゲッジパネルとか自爆スイッチステーとかリアフェンダーとかこさえ直ししてると同じ感覚に陥ります

いっぺんやってるとめっさ精度あがるんですよねw

投稿: ぼる太 | 2013年2月18日 (月) 20時30分

トイレwww

投稿: のび太 | 2013年2月18日 (月) 22時35分

やり直したら次は上手くいく・・・と納得できないのは
かかった時間とか苦労ではなく、かかった金額かも・・
いやそこに目を向けたら負けな気がする

投稿: きょん | 2013年2月19日 (火) 02時17分

>ぼる太
そそそ!二回目以降はスピードも上がるよね!

>のび太
僕の秘密基地なのだ。

>きょん
驚くことに、バカはある程度の時間が経つと苦労や金額のことを忘れてしまうんですよね~。
いや~、自分がバカで良かったですw

投稿: WARST | 2013年2月19日 (火) 02時24分

 ちょ、玄関の脇はすぐトイレなのかwwwwwトイレのコンセントってあんまり利用価値ないと思いきや、最近はヒータ-やらウォシュレットやらで。意外と使うんだよね。

 つか、トイレ綺麗だなwww暖房便座でもないようだけど・・・シンプルイズベスト?敷物も何もないとは・・・使用感まるで無ぇwwwww

 そんで家と取っ手が同じwwww同じ頃の建築物ってそうなるんだよね。建材(壁紙とかサッシ)も同じロットで人気の物をどかっと作って、全国にばら撒かれて、劣化するころにはロットアウトになって、はい、同じものないですー!と。で、部分的に交換すると違和感が出て、「じゃ、一気にリフォームで・・・」とかな。まぁ商売根性逞しいわ。

 最近家のマンション、やたらと買い替えだのリフォームだののチラシが蔓延。あと、水周りの業者。あれも築年数でリスト作って、問題起きそうなところから配るらしい。てことは、そういうものが舞い込み始めたら要注意って事なんだよね。前に水道業者と話す機会があったんだけど、曰く「ケミカル系は使わない、詰まる前にスッポンで定期的にケアすればそんなに困ることはない」って言ってた。

 何か起きた場合はもう手遅れで、「日頃のメンテナンス」というのはどこでも必要なんだよなぁ~と。

 素材はどこのかと思いきや、なんと住友化学!三菱とかもやってたと思うけど・・・そもそも8ミリのアクリル板って、建材用ですかね、これ。

 最初にまず板を曲げて曲がった時点でいろいろ考えた方が良かったんだろうけどそれが分かってりゃ苦労はしないわな。そもそも8ミリもの樹脂板がスムーズに曲げられるって方がすごい発見だわ。

 最初に難しい部分を終わらせたい→案外うまくいく→他の部分の方が面倒→案外うまくいった部分をいじりたくない
→\(^-^)/ということは、あるにはあるわ。まぁそこからはうまくいった部分をすべてゼロに戻してやり直す
覚悟ができるかどうかで、実はこの葛藤の方に時間をとられることがあるのよね。まぁパーツが出来合いで設計図の
通りに組上げるだけとは違って、形は脳内だからねぇ。

 まぁ側面側の形見ると、これを無しにするってのは素材代も鑑みたらなかなか出来る事ではないな~。うまく整形できてるもんな~。こういう奇跡のパーツというか、組み合わせの妙とか、情報のない流用なんかでぴたっとくるとか、ミラクルな出来事ってあるよね。

投稿: Rice Long | 2013年2月19日 (火) 20時58分

>Rice Long
まさにその通りなのよね~!
とにかく早めに難しいところをクリアしたかった!それがそもそもの間違いだったっていうか…。
結構手間暇かけて作ったモノだからおいそれとポイできなくてどんどん深みへハマってった感じ。

投稿: WARST | 2013年2月20日 (水) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Biteのカラーリングを変えようかと思ったりもしています | トップページ | 超次元カスタム »