« はやく人間になりたい | トップページ | Tシャツ »

2013年4月11日 (木)

野に咲く花

AKINATORで僕が出てくるそうです…


574561



どうも!自分でやってみたら選択肢に「ザンネンな男前?」という項目があったWARSTです!

つうワケのワケで、ついにFRPデビューの日がやってきましたー!
アキネーターに「FRPの達人?」って質問が加わるのも時間の問題だぜ!!

まずは、ある程度整形したマスターを車体から取り外しました!

Img_5856

う~ん。かなりテキトーな整形やけど、こんなんでいいのかしら?

で、そいつに建築用の養生テープをこれまたテキトーに貼り付け。

Img_5857


そしてその上に離型用のワックスを塗り込みます!


Img_5859

これをしっかりやっておかないと後で苦労するらしいから丹念に刷り込んでおきました!


そして!ホームセンターで買ってきたFRPの元と硬化剤のスタンバイ。

Img_5861

まったく未経験なので夢工場ドキドキパニック!!

やり方はKOCさんに口頭で教えてもらったのみ!言われた通りにやってみる!

まずは紙コップにエアロカーレジンってのと硬化剤を100:1くらいの割合で投入し、割り箸でねるねるねるね!!!

Img_5871

脳内で魔法使いのババアが「パ~パッパラ~」ってなったらオッサン。

で、それをマスターに塗り塗りィ~~~

Img_5872


ホンマ、こんなんでエエんかなあ~w

そして、その上にガラス繊維を敷いていきます!
今回、ありがたいことにガラス繊維は北摂BASEさんが支給してくれました~!!

Img_5862


って、


Img_5863

デカ過ぎだバカ。


幅が1m以上もあるのをロールで放り投げられましたw

で、そのガラス繊維を必要な分だけハサミで切り取って、さらに指でちぎったりしながら山下清ごっこでマスターにペースト!

Img_5873

ボ・・・ボクは・・・お、おにぎりが欲しいんだな・・・

で、またその上から樹脂を塗り、キヨシ、塗り、キヨシを繰り返していきます!

後で調べたらこういうのを「含浸」っていうらしい。
まあとにかく繊維に樹脂を刷り込んでいくんですが、作業をしていくうちに層の間に空気が入っちゃいます。
聞くところによると、空気が入ったまま固まってしまうと強度的にもダメなんだそうで、専用の脱泡ローラーっていうので空気を抜いてってやらんといかんらしい。。。

エ?てことは、その脱泡ローラーも購入しなきゃいけないんですか?そんなお金ないよ~~!!と嘆くよりも先に、KOCさんが自作脱泡ローラーの作り方を教えてくれました!


Img_5865

長ボルトとワッシャー、ナットを組み合わせただけなんですが、こりゃ使える!!
さすがはKOCさん。ふだん河原で雑草を食べているだけのことはあるネ!!☆

コイツで層の間にできた気泡を外へ追い出してやります!

Img_5874

おおお!!ちゃんと機能してるやん!!w

トータルで、3層くらいガラス繊維を貼り付けて一応完成!

Img_5875


あとはコイツが固まるのを待つだけだ!

|

« はやく人間になりたい | トップページ | Tシャツ »

コメント

雑草魂とか、自分で言いうほど恥ずかしいことはないと思うんだけど、よく口にする年配方がいてなかなかどうしてwwww

 野に咲く花のように、とか、他人から言われて初めて輝く言葉な気がするんだよね。そういう風に生きて生きたいっす・・・努力しなければ・・・。全然関係ないが、職場で「土筆って食わないよね?」「関東より南では食うらしいよ?」って話になったんだけど、土筆って食べるの??

 それはいいとしてwwwなんだかんだでちゃんと型取りできたんですなぁ。そんでFRP!実はかなり興味ある!究極は「カウルも自作」だよ。以前は紫紋なんて原付外装売るところもあったけど、今はないし。既存のカウルを切った貼ったも限界があるわけで、一体成型の最終手段、まさに家内制手工業、ガレージキットの基本、FRP。

 最初からでかいパーツでいかないところは流石論理派のWARSTさん。これでノウハウやコツがつかめればね。また楽しみな記事が増えたなぁー!にしてもまたしても室内だが匂いはどうなの?ラリッてこないのかwwww

 んでワックスwwwwずいぶん年季入ってるなオイwww
自分も貧乏性だからm缶の底や蓋についた微量のワックスまできちんと使い切りますwwwでも、どんどんぼろぼろになって写真のようになるんよね。で、最近はガラスコーティング剤にはまってます。www

 ワックスより楽wwwただ、固形ワックスの水を丸くはじくのは見てて気持ちいいんだけど、ガラスコーティングは丸くならないんだよなぁ。カーテンを引く感じに水が切れるんだけどね。ガラスコーティング剤はバイクにも使えるので・・・。

 含浸ね。素材に染込ませる、含ませるって工程で、金属系なら焼結のベアリング材なんかがそうだね。金属粉を焼き固めると、細かい穴(ポーラス)ができる。フランスパンの断面を思い浮かべてほしいwww 

 そこに潤滑油を遠心装置で入れ込んで、封入すると、金属成型部品でありながら、注油しなくても滑り製のよい金属ができる。車部品なんかにあるよね。

 あと、身近なところではPCに入ってるコンデンサ(金属の円柱の部品)の内部には成分となる液体を真空で含浸して封入してある。表面だけが漬かる「ジャブ漬け」と違って組成の隅々に染み渡らせることを言うんだよね。

 ガラス繊維www師匠らしい。それだけあれば、WARSTさんに部品作るのお願いできるからいいかな?wwwww

 間違っても素手で触らぬようにね!勿論、切断、穴あけの際に出る粉塵も吸っちゃだめだよ!

投稿: Rice Long | 2013年4月11日 (木) 11時44分

 ああ、あと「ねるねるねるね」はどストライクです。背後に安っぽい電飾が光り輝くんだよなwwww練っておいしいねるねるね~るね~!でも質より量なので、ラメックとかUOチョコ、キャベツ太郎ばかり食ってました・・・。

投稿: Rice Long | 2013年4月11日 (木) 11時52分

懐かしい♪
サーフボードの修理も同じ感じです
あとね、女性が爪作ったりする時ってそこに色 付きの粉を混ぜるんですけど…
ドンキとかに普通に売ってるんですけどね
まぁ使い方次第で応用が楽しめそうだなぁ♪ って(笑)

投稿: ヤンヤン | 2013年4月11日 (木) 17時06分

ウォッッ!!メッチャ楽しそうですね。
FRPってこうしてやるんや…知らんかった。

投稿: なっつ | 2013年4月11日 (木) 17時22分

アキネータのアレ
au用やと画像も出ますよw
ちゅーか2月ごろにはそれ気付いてたんですよ、実は

で、いまこさえてるのメス型の方ですか?

投稿: ぼる太 | 2013年4月11日 (木) 17時57分

ガラス繊維は、手がチクチクかいかいになりますから、手袋してね。
あとは、吸い込まないようにマスクもしましょう。
後は、雄型、雌型と同じ様なものをいくつもペタペタコロコロ頑張って下さい。

投稿: はる | 2013年4月11日 (木) 23時09分

>Rice Long
ハハハ…思いきり素手で触ってたわ…
含浸は思ってたよりあっさり染み込んでくれて楽しかった!道具や具材を揃えるのが面倒やけど、作業自体は簡単やったで!
まあ、なんだかんだいってもマスターの精度の良さが一番必要だと思うけどw

ラメックは知らんな~。オレはどんどん焼きがお気に入りやった!

>ヤンヤン
ああ、ボードもFRPなんかー!
もうちょっと慣れてきたらそういう粉とかにも挑戦してみたいです!

てことは…、ちょっと待てよ!!
お砂糖とか蜂蜜混ぜとけば非常時に舐めて飢えを凌げるじゃん!!

>なっつ
あ、え、、いや、、、たぶんこれで合ってるんじゃないかとw
ハハハハハ!FRP博士と呼んでくれたまえ。

>ぼる太
そうなんや~。全然知らんかったw

メス型だあ?オレのFRPにはオスとかメスを超えた両性具有型だ!

>はる
アレ?まったくチクチクかいかいにならんかったで?

オレ…やっぱもうミュータントになっちまったのかな…。

マスクは、以後しますw

当方、両性具有型を作りたいんですが!ふたなりのやつ!ふたなりの作り方を教えてください!!

投稿: WARST | 2013年4月12日 (金) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はやく人間になりたい | トップページ | Tシャツ »