« ズーマーはオレの嫁 | トップページ | 他人のバイク »

2013年5月10日 (金)

じゃあコレって何なんだよ!!

こんにちヴァー!!!
キミ何スト?僕ワースト!でオナじみのワッチャンで~~酢!!

昨日はラジコンをイジってました!

Img_6232

いや、別に自分のものじゃなくて、以前登場したミニ四駆少年のラジコンです。
壊れたから直してくれとのことで二日かけて直しました!

オレも中学生の頃はラジコン作って走らせたけど、今でも流行ってるんかな?

あ、そうそう!
先日、武ラボに訪れた際に、武丸さんから『歪みがでて使えなくなったズーマーのシリンダー』をいただいたんですが、

Img_6238

武丸さんにとってはゴミだったみたいなんですが、オレ的には中の細かいパーツが欲しかったので超ラッキー!!

シリンダーブロック自体はもう使えないとのことなので、さっさと中身のパーツだけ抜いてブロックを捨てようかと思ったのだが・・・、

Img_6237

シリンダーの奥に鎮座するコイツ・・・。この真ん中にいてる6角ボルト。コイツが気になる・・・。

以前にも一度このボルトをはずしてやろうと挑戦したことはあったんやけど、のっぴきならないほどのトルクで締まっていて諦めた。

このボルトって一体何のためのボルトなのだろうか。
一体何をとめているボルトなのだろうか。
はたしてそのボルトの奥に何があるのか。

スカートの中のパンツが見たかったあの頃!
パンツの中がどうなっているのか知りたかったあの頃!
その純粋な気持ちと同じだ!!
中を覗いてみたい!!!!(変態)


・・・・やってやるッ!!!(犯罪者の目)

というワケで、このボルトをはずすべく、あーでもないこーでもないと頑張ってみたものの、やっぱり鬼トルク!!シリンダー自体を固定できないってのがネックやと思うねんけど、たぶんリアホイールナットくらい強敵なんちゃいます?

というワケで、最終的には自分の体重をかけてチュラァーーーイ!!!

Img_6240

ガキッ!という音とともに緩みはじめました!!

フォウ!!勝利!!!

Img_6241


で、ついにオレの知りたかった、ズーマーの秘密の花園・・・ハァハァ・・・ドキドキ・・・




Img_6244

ハ?



えーーと、何もなかったんですけど。。。

|

« ズーマーはオレの嫁 | トップページ | 他人のバイク »

コメント

このラジコンは田宮のTT-01ですね!

安く買える割にちゃんとしてるし改造パーツも豊富なので人気のシャーシだった気がしますw

ドリラジ楽しいですよ(^ω^)

投稿: ぽにょ | 2013年5月10日 (金) 16時16分

 シリンダーヘッドは鋳物だろうから、鋳物の金型のエア抜き、湯道(溶けた金属が金型に入ってくる道、プラモデルのランナーみたいなもの)の為の穴か窪み。かなぁ。

 鋳物って形状作る為には金型を作る訳なんだけど、この金型が肝でね。形状に合わせて湯道を作るんだけど、例えば薄肉の部分には金属が入りにくい。圧をかけながら金属を押し込むんだけど、そこの部分の金型に負荷がかかるし、上手く金属が入らない場合がある。そうなると、肉薄、ヒケ、バリ、強度不足などになる。その為、薄肉の周りやその先まで湯道を作ってやり、金属が通り抜けやすくする。そうすると、形状は出来上がるわけだが、今度は湯道を削り取る後工程が必要となり、これがコストに反映するわけだ。更に、湯道が多ければ多いほど、材料ロスが出てくる。アルミなどの高騰する素材だと、この差が痛い。

 また、無理がある金型は壊れやすく、バリ、ひけ、材料充填不足などの温床になる。

 このように、生き物のような金属を如何に金型に流し込み、無理、無駄のない形状を作るか。加工、組み立て、コスト。これらは言わずもがな、耐久性、強度、組みつけの取り回しにいたるまで正に考え抜いた形状。このように日々、メーカーと製造業者の真剣勝負の結晶が、製品となるのです。

 それをリバースエンジニアリングして、わけもわからず刻印までコピーする〇〇国のパチメーカー!てめーらは駄目だ!存在自体が悪だ!

 が、世の中回り回って追いついて、パチメーカーの上位陣を海外調達先にしてしまうと言う暴挙wwwwそりゃコピーで散々技術力つけてるから、今更教える事など何もない、安心して任せられると言う理由!!正に想像の斜め上!!日本メーカーの真髄が此処にあるのです。

 サービスマニュアル見てもよくわかんない。ので、鋳型の為の穴で、構成部品で組み込まれたら穴が不要になるんで、螺子でガッチリ埋めた…のかなぁ~??まぁ最近は大分なくなったけど、こう言う完成後に「これなんでこうなってんの??」と言う意味不明な形状というのは存在し、その理由は「部品の製造過程で必要」と言う答えになっているのです。

 ほかにも立体プレス部品の完全に抜く前の形状も、へんな余計な部分があったりします。後は切り取られて捨てられるんだけど、形状を出す為に素材に掛かるテンションを逃がしたりする「余白」みたいなものでもあります。

 まぁ人生も同じ。こう言う余白、遊びがないと息も詰るし、ストレスで心も体も砕けてしまうんだよ。

 だから、カスタムの傍ら、ラジコン治すのもありなのだ!ラジコン…こちらの郊外にある大型おもちゃ屋の屋内サーキットはおっさんばっかですなwwww子供はお父さんの趣味に迎合した子供しか居ないから、子供同士での遊びは皆無…でも少数でもいることはいる。でもはやっている感じじゃないね。

 こう言う遊びしかない時代と違って、携帯型ゲーム機なんかでも遊ぶから、小遣いをどこか一点に集中して使わないと出来ない遊びは難しい。広く浅く。なんで、ポケモンとミニ四駆くらいが丁度なんだろうなぁ。少年は車の玩具が大好きなんだね。

 もうWARSTさん師匠と言うか、老師状態ですなwwww

投稿: Rice Long | 2013年5月10日 (金) 22時16分

おぉ!何もなかったんやッ!
俺も知りたかったから超スッキリ!

投稿: なっつ | 2013年5月11日 (土) 17時59分

>ぽにょ
本人に聞いてみたところ確かにTT-01だって言うてました!
いや~、こんなのに手を出したらそれこそバイクのカスタムが止まっちゃいますw

>Rice Long
良いモノは良いんだけど、高い。当たり前だけど高いw
世の中が不況になってから百均とか「安くそこそこ」なモノで諦める人が増えて、我慢する人から気にしない人、果ては満足しちゃう人まで増えてきた!
需要があるんだからしょうがないよな~とは思いつつも悲しいのは悲しいね~!

この少年は、なんというか、まさに「ホビー好き」って感じで、良いオトナに成長すると思いますw

>なっつ
いや、何かあるんかも知れませんけど、僕にはそれがわかりませんでしたわ~!

投稿: WARST | 2013年5月14日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ズーマーはオレの嫁 | トップページ | 他人のバイク »