« 色相開眼 | トップページ | 舵切り »

2013年11月11日 (月)

Biteカスタム驀進中!

どうも!稀代の凡人WARSTです!!

先日、突然呼び出されてハードコアの宴にお邪魔してきました!

Img_8959

といってもほとんど終わりかけの時間にやけど・・・。
会うなり諸先輩方からはお叱りと罵倒を受け快感を感じました!!
いや~、TAKさんホントホントにお疲れ様です!!


で、猪突猛進で進めてるBiteカスタム!
もういろいろありすぎてまとめるのが面倒なので、最近やったことをパパッと羅列していきます!!
まずは、先日OHを施したキャブレターを組み上げて塗りました!

Img_8912

蛍光オレンジに!!
う~~ん。バカっぽい!


次は、塗り終わってとっくに乾燥済みのフロントカウル!

ふと気になって左右のカウルを合わせてみると・・・

Img_8913

どわーーー!!!左右で濃さが全然ちがうやん!!!

おそらく左か右かのどちらかの塗装を修正して塗り直したのが原因・・・

そうなのよねー、塗装って同じ日に塗らないと、温度とか湿度とか何やらで色味が変わるんよね~~。(たぶん)

他の部分ならさして気にはならんやろうけど、フロントカウルで左右合わせて使う部分やから、いくらなんでもこれはイカンっしょー。

ってことで2つ同時に塗り直し!

Img_8914

バッチリ同じ色になりました!


さー、バリバリ進めるぞー!!!
次のミッションはクランクケースカバーに貼るカッティングシートの作成!

前に黄色のズーマーを作った時にも作成したんやけど・・・

参照:
http://warst.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-b7b5.html

そんなもん型紙なんて保存してるワケない。
なので再び作成でござる!!

Img_8910

ちなみにこれは予備のカバー。
本チャンのはもう塗装しちゃったしね☆

マスキングテープにマジックでマスキングしたものをクランクケースカバーから剥がして、厚紙に丁寧に貼り付けます!

Img_8915


あとはカッターナイフとハサミでワクワクさん。


Img_8916

うむ、まずまずの出来。
クランクケースに合わせて微調整をして、型紙完成!!

Img_8917


ここで一旦落ちついて、まだ塗れてないパーツ、今後塗っておくべきパーツを家中から収集!

Img_8918

先日、塗膜を剥離したFフェンダーや、いつぞやに丸ごとセットで買ったXRのリアフェンダーなどなど。塗り忘れそうな細かいパーツたち。

これで全部かな?

あー、そやそや!ブレーキキャリパーも塗らんとアカンねんやった!!
まあディスク化はもっと先になる予定やから後で塗装してもええねんけど、塗装ブースを作る手間とかクリアーを2液ウレタンスプレーで塗ることを考えると先に塗っておきたいのよね~~。

とか思いつつ、まずはフロントフェンダーとステムを繋ぐステーの作成!
今回は贅沢にもカーボン板を使用することにします!!

Img_8920

ステムとフェンダーを何度も合わせて位置を決めて罫書きます!!
って、これも前同じことをやったような・・・・

Img_8921


なんか怖い怖い!!


Img_8923


で、先に穴を開けて、それぞれを仮組みして最終位置確認。


Img_8925

んー、いいんじゃないッスか?

あとはサンダーでそれなりの形に整形して完成です!

Img_8927

うむ!上出来なり!!
アルミ板で作るよりも加工が楽でした!
カーボンは強度もあるし完璧っしょ!

さーさー、次は何すっぺ?

ああ、キャリパーの塗装や!

フフフ・・・、こんなこともあろうかとすでにライブディオのキャリパーを中古で購入済みなのだよ!!(たぶん一年くらい前に)

Img_8928

しっかし汚ねぇな~

ヨシ!どうせ油汚れ落とすんだしオーバーホールしときますか!!


えーっとまずはパッドの隙間にマイナスドライバーを突っ込んでピストンを押して~~・・・


Img_8929

ハイこれ↑

これが大きな間違い。
今から思えば何でこんな無駄なことをしたんだろうかと思う。

しかし何故かこの時のオレは抜かなきゃいけないはずのピストンをマイナスドライバーでわざわざキャリパーの奥に押し込んでました・・・。アタシって、ほんとバカ・・・(魔法少女)


で、バカなオレはそのまま全バラ。

Img_8930


それらをサンエスを溶かしたお湯にドボーーン!\(^0^)/


Img_8931

ここにきてようやくピストンの抜き忘れに気づく。

しかし、キャリパーの奥に入ってしまったピストンを抜くのは容易ではない!!
仕方がないのでブレーキオイルのドレン側からこれまた細めのマイナスドライバーを駆使して無理矢理引き出し、プライヤーを使ってなんとかピストンの抜き取りに成功!!


Img_9034

ハイ!ピストン傷いったー!!ハイ成功してないーー!ハイ死んだーーー!!!

\(^0^)/

ハァ・・・・キャリパーはこんなにもピカピカになったのに・・・。

Img_9035

ほんとバカ。



というワケで、その日のうちに泣く泣く新品を注文。安物ですけどw

Img_9036

涙で前が見えないから今日のカスタムはここまでにする・・・。

|

« 色相開眼 | トップページ | 舵切り »

コメント

私も、結構同じような思いしてます。

投稿: ごぴお | 2013年11月11日 (月) 19時52分

それは新作を作れ!と言うお叱りだな?wいろいろな人脈がありますねぇ。

年齢を重ねると新規の人付き合いというのはなかなか広がらない。特にリアル方面は。強制力がないからついつい腰が重くなったりね。何も仕事以外で面倒なことを…とかね。だから、若い内に(具体的には20歳代までに)伝がないと、あとはめちゃくちゃ努力しないとならない。まぁ20代から30代くらいだと「んなのめんどくさい。一人で生きて行けるぜwww」とか思うんだよ。それが30を過ぎてくるとまた考え方が変わる事も。まぁ人それぞれかwwww

でも人間の本質的な部分って高校生くらいで完成するんじゃないかなぁ。あとは磨くとか伸ばすとか、切り捨てるとか、付加するとかだけど、高校生以降(高校に行っているくらいの年齢の時期、という意味ね)では、外見や考え方は変わっても、その下敷きになる部分ってあまり変化ない気がする。だから、この時期に出会った人間は大事にした方がいいかもしれない。

全然関係ないけど、最近メタリカのラーズ ウルリッヒの演奏姿を見たんだけど、なんかこう…時の流れを感じた。でも外見が変化しようとも、中身は変わっていなかったwwww相変わらずのドラムプレイだった。かっこよかった。外見の変化はあっても、中身は変わらずいきたいなぁ…。

閑話休題

 何気に更新を見ているけれど、これ、普段使いマシンなんだよね?今気がついたけど、下駄にもここまでやるんですか!キャブまで塗るのかよ!うわー・・・。なんか自分が恥ずかしい。普段使いマシンって言えば、此方では雨だろうが風だろうが使うわけで、そうなると汚れ、錆びはなかなか防ぎようがない。

消耗品交換や調整といった機械的メンテナンスは手抜かりなくやるんだけど、外装はどうしてもおざなりにしてしまってて、正直みっともない。ああ、自分も代替マシン入れて、部屋で作業すればいいんだ…いいのか?wwwwwwWSRSTさんは、本当に手を抜かない。真剣にやってる(まぁ中身はふざけている感もあるがwwww)なんかなぁ、自分も頑張ろう。

何かをなすとき、前日になせなかった部分を上げて、それを翌日に一つずつ潰せばいつかできるようになる、なせなかった項目に毎回出てくる項目は、自分の弱い部分だ、と聞いたことがるんだけど。項目が膨大だとなかなかねぇ…自分の場合wwww

ところでパイの実、箱買いしてんの?wwww 型紙の絵面、こええ!ムンクの叫びのような、ウルトラQのケムール人のようなwwwキャリパーは研磨じゃだめか、その傷は。やっぱブレーキとかタイヤは妥協しちゃだめ。命がかかる大事な部分だからね。

 そうそう、此方は昨日、とうとう初冠雪ですわ。いよいよ冬だぁ!

投稿: Rice Long | 2013年11月12日 (火) 10時13分

どうも下駄というとあのズークの扱い方が浮かぶけど

まぁ完全に余裕のなせる業かと


あ、カゴ
カゴはつけませう

投稿: ぼる太 | 2013年11月12日 (火) 22時59分

>ごぴお
素直に新品買っときゃいいものをね・・・なんで学習しないんでしょうね僕たち・・・

>Rice Long
久し振りに音楽仲間に会えて心地よかったです!
いやー、それにしてもこのバイト。またものすごい角度で方針変更してるんで次も見てくださいね!
もちろん街乗り用です!!

>ぼる太
いや!カゴはつけないのだ!!詳しくは次回にて!!

投稿: WARST | 2013年11月13日 (水) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色相開眼 | トップページ | 舵切り »