« スカチューンの罠 | トップページ | Biteカスタム驀進中! »

2013年11月 8日 (金)

色相開眼

どうも!4キロ痩せて5キロ太る!でオナじみのリバウンド王WARSTです!

クランクケースカバー塗りました!!

Img_8775


逆さまになってるけどエンジンも塗りました!!

Img_8777


「ハジキ」が出たメインフレームですが、どうやらホームセンターコーナン製の安物塗料を使ってたのが原因みたいで、ケチらずにちょっと高いモノで吹き直してみたらあっさりとハジキが消えてくれました!

Img_8778

たぶん、塗料がどうのって言うんじゃなくて、安物は噴射する粒子がデカすぎたんだと思います!高いのは細かい!


次はキャブレターのオーバーホール!
持っていた予備のものを使います!街乗りなのでもちろん純正!

Img_8779


ここのネジは以前に引っかかったことのあるホンダトラップ!

Img_8780

逆ネジになっているので右に回して緩めます!

で、メインジェットまで到達!

Img_8782


とにかくバラす!全部バラす!!


Img_8784


そして完膚無きまでにオーバーホール!!

Img_8792


それと並行しつつ、乾燥したカウルの一部とホイールのオレンジを照らし合わせて再び色のチェック。

Img_8885


うーん。
青×オレンジっていうのが構想としてあったんやけど何かパッとせんのよなあ・・・・。
なんか暗いっていうか陰気。

やっぱ青が薄いんかな?

オレンジに対して青がまだ薄いような気がする!
そう感じてきたので色々と資料を眺め、「ああそうだ!この組み合わせってレプソルカラーだ!」と気づく。

で、レプソルカラーのNSRの画像検索をしてみるとやっぱりオレの青は薄い。
もっと深い青、むしろ紺色とオレンジ+白の組み合わせがベストなのだということを学ぶ。


そしてそのままホームセンターへ行き、塗料コーナーで悩む。

Img_8886


カラーチャートとかも眺めまくる。

Img_8887

だが売ってあったのはどれもメタリックな「マイカ系」のモノばかり!
ちがうんだ!オレはソリッドなのが欲しいんダッ!!

なんて思いつつも、結局それっぽいホンダのエターナルブルーという色を購入。


で、画像は無いんやけど、自宅へ戻ってパーツの一部へ吹きかけてみると、青は濃くなったものの、やっぱり思ってるような色にはならなかった。。。


何がダメなんだろうか・・・
な~んかオモチャっぽく見えてしまうというか、安っぽいのだ。

うーむ。。。とベランダで乾燥してあるホイールを眺める・・・・

Img_8897


・・・・あ、コイツだ。
このオレンジがあかんねや!


パッと見は鮮やかに見えるこのオレンジ。しかしフレームやカウルに塗った青と合わせると途端に大人しくなってしまうということに気づいた!気づいてしまった!!
コイツは他の奴と混ざると全体を安っぽく見せてしまう存在なんだ!!陰気な原因はお前だーー!!!


だがしかしホイールはオレンジにしたい!だってそうでないとハンドルのバーエンドとかのアクセントが全部オレンジなんだもん!そもそもそれと合わせたいからオレンジにしたいんだもん!!(貧乏性)


かといってもっと濃いオレンジにするのはなあ・・・

ハ!蛍光オレンジか?蛍光オレンジなら合うんじゃないか!?・・・いや、しかしこのBiteはあくまで街乗り用。蛍光カラーなんて入れたらそれこそまた後悔するんじゃないのか?んんんんん・・・・・


ホント、つまらないことで悩んでる37歳。


んまあ、とりあえず蛍光オレンジを見に行くだけ刺激になるかもしれんし、ちょっくらホムセンに行くか~。
ちなみに蛍光色は近所のコーナンでは取り扱ってない。
なので今回は少し足を伸ばしてエディオンに併設されたカインズホーム東大阪店へGO~!


で、

目に飛び込んできたエディオンの看板を見て愕然とした。

Img_8902

青×オレンジのコントラストがオレのバイトとまったく同じ!!!

あー!これか!だから安っぽく見えたのか!
これはアカン!ただでさえ肩幅がイデオンとか言われてるオレやのに乗ってるバイクがエディオンなんてもうワケわからんやん!

なんかものすごく恥ずかしい気持ちになりながらも缶スプレーコーナーへダッシュ!

Img_8898

よし!これだ!
エディオンの看板見て一気に吹っ切れた!
あのオレンジじゃダメだ!もう決めた!!蛍光にする!!!


てなワケで再塗装~!

Img_8900

手前が旧オレンジで奥に写ってるのが蛍光オレンジ。

な!旧オレンジは他の色と混ざると寂しい色になるやろ!?


そして、塗った蛍光ホイールをカウルと合わせてみると、

Img_8941

おお!!!まさにコレや!!
バチコーーン!ときました!!!
もうエディオンだなんて言わせない!

|

« スカチューンの罠 | トップページ | Biteカスタム驀進中! »

コメント

赤、橙、黄橙、黄色、黄緑、緑、青緑、青、青紫、紫、赤紫のループを車座に並べて対面同士で配色すると相性がええやつでしたっけ?

学生の頃に大学でデザインの勉強してましたけどアレには今ひとつ納得してませんw

無彩色をさらに差し色に挟むとまた変わるんやろうか?

投稿: ぼる太 | 2013年11月 8日 (金) 11時25分

私もアサヒペンの蛍光オレンジでホイール塗ったことあります。やたら色の乗りが悪くて7、8本使った記憶があります。

投稿: ごぴお | 2013年11月 8日 (金) 14時23分

いつ見ても綺麗に塗装しますね~
いつも自分は塗装してると、もういいわ!!って出来がイマイチになっちゃいますw

そして爪が青wwwやっぱり男は黙って生ですか?
自分はゴム手使って塗装してます。後始末が面倒なんでw

投稿: いかちよ | 2013年11月 8日 (金) 18時40分

>ぼる太
検定とかもあるらしいよね!
オレはそういうのはよくわからんので感覚と好みだけでやってますw

>ごぴお
オレは蛍光はアサヒペンにしてます!
以前他のも試したんやけど、どうにもベタベタするんで。
なんか入ってる成分とかちがうんスかね?

>いかちよ
僕はゴム手袋をつけたり外したりが面倒派なんですよ!
画像では綺麗に見えますが実際はゴミとか入って汚いもんですわ~。

投稿: WARST | 2013年11月11日 (月) 10時48分

色の妙技っていろいろあるとおもうんだけど(洒落じゃないよ)こういう配色ってぱっと思いつくの?それとも熟考の上の難産なの?自分は色のセンスは皆無です。なので単色wwww

トリコロールカラーとかおっかなくて真似できないです。そもそもガンプラだってザク大好きで、ダークグリーンだのダークイエローだのばかり使ってたしwwwもともとミリタリー系プラモは作っていて、そこからガンダム、マクロス、ボトムズ、怪獣(今思うと、怪獣にプラモってwwwフィギュアでいいような気もするwww)といったけど、どれも陰気くさい色ばかりでした。


いまだにモトラ、ジャイロX、ズーマーのダークグリーンには並々ならぬ憧れがあります。でも、なんかすぐ弾不足になるのね、この手のカラー。売れないのかしら??結局自分のスーマーも真っ黒のままですwww


 閑話休題 蛍光色ってスキーブームで覚えたね。ああ、こういう配色あるんだぁ~って。でも、あれは雪原で目立つようにすることにより、存在感をアピールし…つまり、安全面から考えられた部分も大いにあるのだと思う。自分も蛍光ピンク(wwwwww)のウェアで滑ってたもんなぁ。まぁ存在自体も滑ってましたがね。ところが、スキーウェアも最近は「フィールドカラー」とか言う自然な色味が増えてしまい、なんつーかジャージとかウィンドブレーカーみたいにしかみえないウェアで滑ってるのが多くて、もう蛍光ピンクは廃棄しようと思ったてたその年、まさか役に立つ日がこようとはねぇ…wwwああ、今はもう処分しちゃいましたけど、暖房やガスがないときの救世主、最後のご奉公になりました。

でも最近のウェアーは素材が最先端なんで寒そうに見えて実は暖かいらしい。スリムに見えつつ暖かいなんて…やはり時代の進歩には目を見張るものがあるね。

あ、スキーウェアーといえば、当時バッテリー内臓のサーモセンサーとか言うやつがあった。外気温が下がるとヒーターが回るやつ。すげーほしかったんだけど当事でもべらぼうに高かった。その内ブームが過ぎてそれでもソロで行ったりもしてたけど、ウェアーは電熱入りじゃなくて素材で暖める方向に行ったみたいですね。ま、当時はバッテリーが貧弱すぎたんですよ、このアイデアを遂行するには。が、最近リチウムイオンバッテリーのお陰でこの手のギミックが冬用品に再登場!特にバイク関連では、スキーウェアが夢見てた電熱入りウェアが登場!!wwwww

バッテリー持ちがいいと、こういうアイデアが実を結ぶわけで。他にWARSTさんが紹介していたグローブ、マフラーなど。発熱ってかなり電力かかるんだよね。エネル-プ様様ですね。なんつーか、方法や速度が違えど、寒空に風を切るっていうことに関しては、社会人になってからほぼ毎日続いてたりするwwwww レプソルカラー、好きだから楽しみだ。

4号は暖色系のイメージだったけど、ノーマルでも青はあるんだよね。なんか一気にクールな雰囲気になりそうだね~。つや消してるんだね。このままでいくのかな???アメ車のダッジだったっけ?

映画のワイルドスピードに出てたやつ。真っ黒のつや消し。なんかかっこよかったよ。艶々ピカピカがこの手の車両の常套手段だけど、こういう方法もあるんだねぇと。うーん、なんだかんだで大手術になっちやってるよね、これwwww

投稿: Rice Long | 2013年11月11日 (月) 11時50分

I visited several,blogs,however,the audio quality,for audio songs existing,at this website,is truly,wonderful -->Gucci bags ,http://www.dina-sallam.com/louis-vuitton-outlet.html
Fake Chanel bags http://ilmutambang.com/wp-password.php

投稿: Fake Chanel bags | 2013年11月20日 (水) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スカチューンの罠 | トップページ | Biteカスタム驀進中! »