« ドナドナ完成! | トップページ | うちはバイク屋ではありません »

2013年12月17日 (火)

ここは地獄の一丁目

コマンタレブ~~!
どうも!アップガレージ東大阪店のWARSTです!!

昨日はトモキさんとりゅーた君が荒らしに遊びに来てくれました!

Img_9839


VF-25Gバイト用に大切に取っておいたマスターシリンダーにお酒をドボドボ注いでくれるりゅーた君。

Img_9840

これでブレーキの効きがUPするらしいです!うわぁ知らなかった!
みんなもやってみてネ☆

そんなこんなで深夜まで遊んでました!ぜひまた懲りずに遊びに来て下さ~~い!ビール持参でw



ままま、それはそれとして・・・・

Img_9680

ZR入獄・・・。


もう来んなっつったよね?

前回、意気揚々と去っていったヤンキー君ですが、「やっぱり直してくれ~!」と泣きついてきたので、しゃーなしにZRのミッションを修理するハメになりました・・・。

いや、オレには痛バイクを作るという使命があるねんけど・・・なんて恥ずかしいことは言えないっしょ!!

まあちゃっちゃと終わらせればエエだけのこっちゃ!!というワケで再び駆動カバーを開封ゥ~~!

Img_9681

ゴロンw

やっぱ落ちてくるのねw

改めてミッションケース周りを見てみる。

Img_9682

ドライブシャフトのベアリングとオイルシールが見事に行方不明。。。
中にあったはずのギヤオイルは駆動系全般に飛び散っててもうそこらじゅうギットギト。

・・・よくもまあこんな状態で走り回ってたもんやなw

ていうか、さすがにこんな壊れ方は見たことない!前代未聞!
こりゃもうエンジンの載せ換えをした方が早いんじゃないの?

ちゅうワケでまずはKOCクンニ電話してエンジンの載せ換えについて聞いてみることに!

「あー、ハイハイ。シャフト抜けてんすよねー。それよくあるあるゥ~」

あるあるネタかい!!
オレがすべてを話す前に状態を言い当てた彼からすると、この故障はジョグ系では「よくあること」らしい。

やっぱ経験値がちゃいまんなあ・・・。


で、エンジンを載せ替える方向で進めていくつもりだったんですが、予算の都合というか、KOCくんから教えてもらったエンジン載せ換えの作業工程の煩わしさに嫌気が差して、結局ギヤ周りだけを交換することにしました。
だって早く終わらせたいやん!!

まあ、とりあえずケース開けて使える部品と交換する部品を吟味してみっか。

Img_9683


んー?中のギヤはそんなに傷んでなさそうだなも?

Img_9684


取り出して見てみると、

Img_9685

やっぱボロボロやんけw

まあそりゃそうだわなー。
グラグラになったシャフトが暴れまわってたんやし、ギヤの歯がこうなっちゃうのは当然かー。

Img_9686

ケース奥のベアリングも指で回してみるとゴ~リゴリ!
コイツも交換じゃのう・・・。

ふとケースに目をやると内壁も酷いことにwww

Img_9689

えぐれトリスの割れトリスやないか~!

しかしまあ使えないこともないっしょ!これを交換するってなるとそれこそエンジン載せ換えた方が早いし、レースするワケでもないんやからこのままいっちゃうことに決定。

ミッションケースカバーも再使用できそうやな!

Img_9691


あ、無理やわ。

Img_9694

粉砕したベアリングの外枠が残ったままで、オイルシールがハマるところが削れトリス。

交換やな。


その後、ヤフオクで手頃なミッション周りを探したりActで必要部品を注文しつつ、ドライブアクスルを抜くためにマフラーとホイールを取り外し!

Img_9695


ハンマーでアクスルをゴン!

Img_9696


あっさり抜けました!

Img_9697

この歯もボロボロ・・・。

いろいろとエグいなあw


ギヤをすべて抜き取ったらパーツクリーナーで内部を徹底洗浄!

Img_9698

だいぶ綺麗になりました!

粉砕したベアリングの残骸やアルミ粉が多かった~!


で、プーラーを使ってケース奥のベアリングも抜きトリ~ッス!!

Img_9699


ホイ!抜けました!!

Img_9700

うーん、裏側にもまだアルミ粉が残ってたかw


Bite完成までの道のりは長いなあ・・・

|

« ドナドナ完成! | トップページ | うちはバイク屋ではありません »

コメント

ディオZX(AF35)とJOG ZZエボって、ランエボとインプレッサみたいな永遠のライバルって感じで燃えるねww 

縦ディオの最終形態AF28に乗っていたころには、絶対にAF35ZXに乗りたいなぁと思ってて、特に50周年記念車(だったかな??)とかスケルトン青とかね。

ただ、このバイクもクランクシャフトが致命的に弱かったと記憶しています。なので、中古は注意と。ZXなんかは、カチ上げた羽、ケツ上げアダプター付サス、リアライズかゼロのチャンバー、パワフィル、改造CDIでガンガンに走りこんだマシンがノーマルパーツつけて中古に出てたりすると、買った直後はいいけど、すぐにエンジン駄目になるとかwww 

憧れている内に4スト時代に突入し、結局一度も乗らずじまいでした。金サス見ると今でも「ZX!」って思うねぇ。思えば以前はG‘とか変なスクーターあったよなぁ~。AF28とG’のマフラーって微妙に違うんだよね。

見てくれは全く同じなんだけど、G’のほうが若干カチ上げなんだよねwww装着すると、リアホイルのセンターナットが見えて、容易にアクセスできるのがG’マフラー、そうでないのがAF28マフラー。ディオバハもAF28と同じだったかなぁ。ポン交換でも若干スピードアップできたんで、重宝したものです。燃費もそんなに悪くはないし、構造は単純、パワーアップもお手軽。

2スト原付はコスパのいい面白いバイクだったなぁとつくづく思います。まぁ4ストには4ストの良さがあるんで、懐古厨ではないですけど。

未だにおばちゃんがAF27とか乗ってるよねwwwかごに荷物てんこ盛りで。カウルはもう色褪せてバキバキ、キャブ周りは泥とオイルの衣で天プラ状態、マフラーどっか微妙に穴開いてるwwwタイヤつるつるwwwwでも、まぁ元気なんだよなぁ。こういうほぼノーメンテ、ガソリンとオイルぶちこむだけでもそこそこ走るんだから、たいしたものだよなぁと。

あと、バブル期の物づくりってやっぱ凄いね。素材やら作り方が贅沢にできているから、なかなか壊れませんwwwwそんで性能も悪くないのな。まぁ、そんなものが世の中に溢れたお陰で買い控えになっちゃって、結局業界全体が斜陽の時代を迎えつつあるわけです。4輪も2輪も見据えているのは海外で、国産は超高級車種かハイブリッドなどの作成が難しい系しか残らんような気がする。

で、昨今の製品は割り切って作ってある感が強い。壊れたら次に行ってね!っていう。それは弱電製品には顕著なんだけど、低価格帯の車やバイクもそんな気配が見える。それで経済が回るんだから、仕方ないのかもしれないなぁ。車の税金も、旧車は更に上げるというし。理由は燃費が悪い、環境に優しくない、と言うんだけど、まぁそれも事実なんだろうけど、業界の「新品どんどん買ってくれ」っていう動きもあるんじゃないかと思う。旧車の趣味って本当に贅沢な趣味になるかもしれないですなぁ。

軽自動車は増税決定。バイクはその次の段階になるようなんで、時期的にはまだ。でも、軽で実績作られると、容易だろうね。バイクも登録年式が古いとさらに取られるみたいです。うーん。

楽しいだけで維持するには、中々辛い世の中になってくるね。

投稿: Rice Long | 2013年12月17日 (火) 12時01分

>Rice Long
でも圧倒的にZRが速いんよな~。
オレも昔はディオに乗ってたんやけど、ジョグにはずっと勝てなかった!

確かに昔のバイクの方が金が掛かった造りというか凝った造りになってたよね!3AAのビーウィズを触ってたときにそれは実感したわ~。

ああ~、バイクの増税はまだなんか~。ホッとしたべ~!
でもそのうち高くなっちゃうんやろなあ。

投稿: WARST | 2013年12月18日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドナドナ完成! | トップページ | うちはバイク屋ではありません »