« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

2013年1月19日 (土)

8mmを曲げた男

昨日、今日、ASS!!!!!

毎日それなりにテキトーに頑張っているフリをしているワッチャンです!!!

ささささ、さあさあ!
んーなワケで切り出しの終わった厚さ5mmのアクリル板も耐水ペーパーで研いで整形が完了しましたよ~~~!!!!

Img_5074

この時点で部屋はすっかり汚くなっております!!んでもそんなこと気にしない!!ひとり暮らしの特権じゃあ!!!

そんじゃば、8mmのアクリル板を曲げるとすっかあ!!

もちろんアクリル板を曲げるのに使用するのはいつものコイツ!!

Img_5075

これまで5mmのモノは何度も曲げたことはあるんやけど8mmの厚みは今回がはじめて!

ちなみにだ!!え?ちなまなくてもいいって?
…いや、ココだけはちなませてくれ!ちなみたい!!

このアクリル曲げヒーターの使用限度は厚さ5mmまで。
そしてオレが検索した限りでは5mmを超えるゴツイ厚みのアクリル板を曲げたヤツは素人ではいない!!

…いや、いた!!(おんのかい)
いたけど、「表面ガビガビでなんとか曲げました」的な感じやった!!

だがオレは曲げる!!
脳内カスタムの通りに進めるにはこの鬼門をくぐらなアカンねん!!!
もちろん失敗したらこれまでの作業がすべてパーやし、代えはない!一発勝負!
しかも左右対称で同じ角度のものを2つ作らなければならない!!

ま、まあ・・・失敗したらおとなしく5mmでいきます・・・・


んじゃあ、いざ勝負ーーー!!!!

Img_5077

・・・の前にィ~、
一応、曲げるところの裏面に軽くプラ用カッターで筋を入れておきます。

こうしておくことで少しでも曲げる箇所を薄くできるし、曲げた際の「たわみの逃げ」にもなる。しかも、ヒーターの上で温める際にどこを温めれば良いかの「ガイド」にもなるのだ。

そして、ヒーターのアルミ部分には「フッ素樹脂テープ」なるものを貼り付ける。

Img_5078

このテープを貼っておくことによって、アクリル板の表面が溶けてしまうことを防ぐことができるのだ!
今回は前代未聞(大げさ)の厚み。当然ながら熱する時間も長くなる。なのでフッ素テープを貼って、アクリル板の表面を保護するのである!!

ほないくで!!!見とけよお前ら!!!!

Img_5079


・・・の前にィ~、

ホラ、何ていうの?いきなりっていうのはあまりにもコワイじゃない?ビビるじゃない?

だって、これでミスったら今までの工程が全部水の泡でっせ?


というワケで、ビビリなオレはリアスポを切り出した際に出た端材を使って予習を試みることにした!!

まずは曲げる面の裏側、先ほど切り込みを入れた方の面をヒーターで8分熱する。
続いて曲げる面(山折にする方)をその倍の16分熱する。

もちろん熱した時間はテキトー。8mmの厚さだからそうしてみた。




で、熱したアクリル板に力を入れてみると・・・





Img_5084

曲がったw



エ?ww

メッチャすんなり曲がったんスけど?wwwww
すんなりっつうか「クンニャリ」って感じでいとも簡単に曲がりよったぞおいwwww

さすがに分厚いので、ある程度の力は必要だったし、すぐに冷えてしまうからヒーター上で温めながらでないとあっという間に固まってはしまうものの、想像していたよりもだいぶフニャチン。
表面もフッ素テープのおかげでほとんど溶けることもなく修正すれば無問題レベル。


じゃあ、「5mmが限界」って伝説は何だったんだ・・・・。


あまりにもあっさり曲がってしまったんで拍子抜けしてもうたけど、まあそれならもう何も恐ることはない。早速、本番である!!


Img_5085

そのへんに転がってた木材を使って固定し、リハーサルと同じく裏面8分、表面16分間熱します。

そして、一番最初に作った2mm厚の型をガイドにして曲げる!

Img_5086

あっさり曲がる。



あとはもう同じことの繰り返し。
裏に8分、オモテに16分。

洗濯物をたたんだり、洗い物をしたり、友達のブログに荒らしコメントを書き込んだりして日常を過ごしながら、8分経てば裏返し、16分経てば曲げるを繰り返す。

・・・・ホンマに「5mmが限界」って誰が言うたんや。普通に曲がるやないか。。。

その後、何度かの修正を経て、左右それぞれのスポイラーの原型が出来上がりました!

Img_5090


手曲げの分際で鬼の精度!左右の角度をピッタリ合わせてやったぜ!!!


Img_5093

う~ん、我ながらキモイレベル。

いや~、まさにカスタム道に限界無し!やりゃあできるんやな!!!

勝因は切り込みを入れたのとフッ素テープ、そして何よりじっくり温めたことだと思います!!たぶんこのノリでいけば1cmくらいまでの厚さなら曲げられると思う!


…そういえば、どうやってコイツを車体に取り付けるのか未だに決めてませんw

| | コメント (6)

2013年1月18日 (金)

切り出し百万段!!

コアンヤア!!!(股から)

どうもー!座右の銘は「性欲剛をセックス」でオナ染みのWARSTです!!

じゃ、前回からの続きでアクリル板でリアスポ製作どえす!
切り出した厚さ8mmのアクリル板。コイツをクランプを使って同じく8mmのアクリル板に固定します!

Img_5042

そして、トリマーを使って切り出していくのだ!!

Img_5043

シュギャイイイイイイイイインンン!!!!!

めっちゃ音デカいw

アルミ製のL字ステーをガイドにしつつ、一枚目のモノもろとも綺麗にヌき取り完了!!

Img_5044

もんの凄い量のアクリル粉が周りに飛び散りトリスしたけど、まずまずうまくいきました!
前回も書いたけど、この厚みのアクリル板はパッと手に入らないし、ミスしたときの予備を持っていないので超慎重に作業を進めていかなければならないのだ。

ていうか、予備があったとしても同じ作業を再びやるのは労力的にもガッツ的にも無理w

で、切り出した部分の断面図アップ。

Img_5048

トリマーを使い慣れていないっていうこともあってやっぱ切り口はそれなりに凸凹。

・・・・・削るしかないっしょ~~!!

ってことで、2枚のアクリル板をクランプで挟んだ状態のまま、断面部分を耐水ペーパーで研ぎ研ぎしちゃうゾ~~!

Img_5053


ハァハァ・・・・
数時間後↓


Img_5057

シャキーン☆

う~ん、エレクチオン!エクセレント!なかなか綺麗に整形できました!!

で、だ。
今度はその8mmのアクリル板を型として、5mm厚のアクリル板に罫書く!!

Img_5061

フッフッフ・・・だれが一枚で作ると言うたかね?
そう!今回製作するリアスポイラーはアクリル板を重ね合わせて何ちゃらかんちゃらなのだ!!!!

というワケで、罫書き完了。

Img_5062

トリマーのガイドの部分も書き込んだのでオレ自身にしかわからない設計図になってます…。

で、ソイツを頼りに再びトリミング!!!

Img_5063

相変わらずのアクリル粉地獄に苦しめられたけど、今回はなんかちがう!なんか8mmの時のと塩梅がちがう感じがするばい!!

Img_5065

ニチャア・・・・

なんか素材が溶けて気持ち悪いことになってる!!!

なんで?8mmのんと素材が違うの???(いや、素材はアクリルでしょーが。)

よくワカランけどとにかく切り出しに成功!!

Img_5066

8mmのやつとまったく同じカタチに切り出せました!!!




んじゃまた続きます!!!
次回はいよいよ曲げ加工に挑戦!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

リアスポ製作開始!

どうも!晩飯が「えびせん」だけの日もあるのに安定の中年太りを展開中のWARSTです!

ほんじゃあ、そろそろズーマーのリアスポイラーを制作したいと思います!
まずは年末にダンボールの切れ端で作った型紙を見てくれい!!

Img_4914

だいたいこんな感じでできたらイイかな~ってテキトーに作ったんやけど、どうかしら?
車体に合わせてみるとこんなシルエットに。

Img_4915

カッコイイのか悪いのかは置いといて・・・、とにかく作ってみるのだ!

とは言っても、ホンマにテキトーに切った貼ったしただけなので、この型紙をいったんPCに取り込んでillustratorでキッチリと製図していきまーす!

Img_4916

って、スキャナーからハミ出とるwww

仕方ない・・・分離して取り込んでからPC上でつなぎ合わせるとするか~。
と、USBをつないでスキャナーの起動を試みるが動かない。

ん?どぼちて?

調べてみるとWindows7では動かないとのこと・・・。
エエ~~!!これじゃアカンやんけ~!!どないしよ~…と嘆いていると、親戚からもらったプリンターが目に入った!!

Img_4917

そ・・・そうだ!このプリンターはオレが勝手にプリンターとしてのみ使っているだけで、確かスキャナー一体型の複合機だったはず!!

蓋を開けてみると、やっぱりスキャナーが付いてた!!

Img_4920

ヨシ!これならいける!!
さっそく取り込み開始です!!

ウィ~~~・・・・・・ン・・・

Img_4924

スキャナー機能死んどるwwwwww


何度取り込んでもワケのわからん横棒とかが映るのみ・・・。
だから譲ってくれたのか・・・。


こりゃスキャナーの買い替えかな~とも考えましたが貧乏なので即却下。
手作業でいくことを決意!!

つーワケで型紙を元にまずは2mm厚のアクリル板に直接製図ッ!!

Img_4980

今回作るリアスポイラーの素材は結局のところアクリル板でいこうと決め抱ッコなんやけど、まずは2mmの厚さで仮制作をしてみようと思います!

2mmなので楽々カット完了。

Img_4988

で、コイツをヒーターで温める。

Img_4989

待つこと数十秒・・・

Img_4990

簡単に曲がりました!2mmだからw

で、出来上がったモノを車体に仮合わせ~って、その画像を撮り忘れたわ!

まあ、なかなかサマになってたんでヨシとして、そんじゃあ本番の8mm厚のアクリル板でいってみっかー!!!

Img_4991

ケガキはあらかじめ2mmのアクリル板で書き込んでます!
ちなみに今回制作するスポイラーは左右別体型。つまり左右対称の同じものを2つ作る必要があるのだ!!

うーーーっし、ここからが未体験ゾーン。
今まで5mmの厚さまでなら切ったり曲げたりしたことはある。
しかし今回は8mm!!今までのものとは分厚さが段違いである・・・。

Img_4993

太~いheartゴクリ・・・。

ほなイクぜ!!!
サンダー、ジグソー、ノコギリなどの手持ちの工具を駆使してまずは一個目の切り出し完了!!もちろん体中が粉まみれw

Img_4995

・・・まあ、切り出すのはそんなに難しいことじゃあない。

ただ、アクリル板ってそんなに安くないし、8mmのモノとなると近所のホームセンターじゃあまず取り扱ってないので気軽に入手することもできへんし、ちょっとした不注意で欠けたり割れたりするもんだからめっちゃ慎重に切り出しました!

続きます!!

| | コメント (8)

« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »