« 2013年1月27日 - 2013年2月2日 | トップページ | 2013年2月10日 - 2013年2月16日 »

2013年2月 7日 (木)

ズーにシグのフォーを抱かせる100の方法

なんかお腹痛い!!!

どうもー!!ついにオレにも初潮がやってきた感がするWARSTでーす!!

いやいや!RiceのLongさんよ!それは違うぜ!誤ってるぜー!!!
『ズーマーにシグナスのフロントを』ってのはもう既に〝やってる奴ァとっくにやってる″ヘービーなズーマージャンキーには『定番』にすらなりつつあるカスタムなんだぜ!!

少なくとも関西じゃあ何台もそういったイカレた奴らがずっと前から平然と存在してるのだ!!

その証拠として、以前に関西で行われたズーマーミーティングの画像をサラってみると・・・


916_055

だーだ号



1125_005

ABC号



1125_004

JIN号



な!!!

この人らはず~いぶん前から何喰わぬ顔でシグナスのステムに打ち換えとるwww

雑誌じゃあ、USDMだ!Ruckusだ!北米だ!って騒いでるけど、んなもんこれらのマシンを見た後じゃあ鼻で笑っちまうぜってくらい!
オレが「USDMなんかクソくらえ」って周りに言ってるのは、こんなえげつないことを平然とやってる連中が周りにいるからさ!!

・・・って話がソレまくりやけど、とにかくオレの知ってる限りでもシグナスステムに打ち換えを実行しているズーマーは数多くいてる!もちろん上の画像はその一部。関西だけじゃなくて全国各地にシグナスステムに換装したズーマーはけっこういるのだ!

じゃあみんなどうやってステム打ち換えたんですか~?ってことやねんけど、そいつぁ各自のやり方があるってもんさ!ミーティングで聞いたときには皆さん快くそのやり方や工程なんかを惜しみなく教えてくれたけど、それをここで公開ってのは無粋ってもん!

他にもオレの地元大阪じゃあK3T.STYLE(http://www.hcn.zaq.ne.jp/cadqf308/index.html)の加工メニューに「シグナスステムの打ち直し」ってまさにそのまんまな存在するんやけど、オレはオレの考えたやり方でやってみるから刮目せよーーー!!!!

まずはズーマーのステムからシャフトをブッこ抜く!!!

Img_4981_2

ウム!!!
ステムを裏返したその裏にあるこのモリモリに溶接された部分を削ぎ落せばシャフトは抜けるらしい!(ネットで学んだ知識)

いざグラインドオオオオオ!!!!

Img_4983_2

ハァハァ・・・とりあえずシャフトだけは傷つけないように筋を入れてやったぜ!

しかし何だこのやりにくさは・・・。
ちょうどフォークを差す三ツ叉の左右が邪魔で思うように作業ができへんやんけ!!

まあ、必要なのはシャフトだけでステム部分は破棄するんやし・・・いっそのこと切るか!!

Img_4984_2

切ったw


その後、あーでもないこーでもないとサンダーを振り回しているうちにこんなことになった・・・・。

Img_4986_2

しかし、カナヅチで殴ろうが何をしようがシャフトが抜ける気配は全くなし・・・。
数時間格闘したがビクともしねえ!!

どんだけ強敵やねんなコイツ!!!

う~ん・・・。どうやったら抜けるのかしら。。。


困り果てた末、前述したK3TのKAZUさんに電話をすることに・・・



「それ以上触るな。」


「・・・・・はいw」



丸投げ決定。




え~・・・と、そういうワケなんでやっぱ刮目しないで下さい。
こっち見ないで!!!

| | コメント (11)

2013年2月 6日 (水)

ズーマーにシグナスステム打ち換え

お、おい!ダメだったら!うわ、やめろ!コイツ勝手に…!!!

どうもー!
股の触手が意志を持って勝手に動き回っていることを周囲にバレないように取り繕いつつも体が勝手に女性に近づいていってしまう設定で毎日を過ごしているWARSTです☆


というワケで、なんだかんだと未だに触手とリアスポイラーをいじくってる毎日なんやけど、実はそれと並行して水面下で進めていたことがあるのだ!

Img_4791

オナじみズーマーのメインフレームとフロント周り部分。
今回製作中のNEWズーマーのためのモノなんやけど、不満がある。


Dioのフロントフォークにはもう飽きた。



ってことだw
ていうのは、これまで2台のズーマーをイジってきたんやけど、ディスク化するとやっぱDioのフォークになるじゃん?で、今回もやっぱりDioのフォークに・・・ってことやってんけど、社外品も含めラインナップが少ないっつうか、どれも同じような形ばっかり。
いや、格好いいのはいいんやけど、3台も同じじゃあさすがに飽きるっつうの~~!


そんなワケで、どうにかならないものかと以前から思い続けて悶々とした日々を過ごしていたんやけど、何気にモトチャンプとか見る掲載されてるカスタムシグナスって格好良いフォークをつけてるのが多いんよね~。
さすがは人気車種!そりゃラインナップも多かろうて~。選びたい放題で羨ましいの~。ええの~~。ええの~~う。



あ、じゃあシグナスのフォーク着ければいいじゃんか。




という安直な考えに至る。
じゃあどうすればズーマーにシグナスのフォークを装着できるようにな~るの~?っといろいろ調べたりミーティングで相談したりして、「ステムの打ち換え」という結論に。

ほう・・・。未体験ゾーン到来。オラ、ムラムラしてきたぞ!

というワケでシグナスのステムを召喚!

Img_4792

画像は左からスクーピー(たぶん)、ズーマー、シグナス。

シグナスのステムは旧型と新型でフォークが違うらしく、新型の方がフォークの径が太いらしい。別に太さはどうでもいいけど、そりゃ新型の方がカッコええフォークが選べるだろうということで新型のモノを用意。

スクーピーのは、シャフトがズーマーと全く同じならばわざわざズーマーのステムを生贄にせずとも使えるかも!と思い用意しました!(ていうか、家に転がってただけ)

で、スクーピーのとズーマーのを比較してみると・・・、

Img_4794

シャフトの長さやハンドル取り付け部分が微妙にちがったので即却下w
お前は使えん。帰れ。

そして、ズーマーとシグナスのステムを比較。

Img_4795

シャフトの長さもさることながら、幅が全然ちゃいまんなあ!
これならフロントも太足にできちゃうんじゃねえの?

工程としては、それぞれのステムからシャフトを抜き出し、シグナスのステムにズーマーのシャフトをブッ差す!!!


ヨシ!まずはその前に自分の触手をメンタにブッ差してきます!

| | コメント (3)

2013年2月 3日 (日)

テールランプ

Img_5221_2

ヘイ!お待ちィ!
レバニラ炒めレバー抜き!!

どうも!全国のブスのみなさんこんにちは!!WARSTです!
いやー、やっぱレバニラ炒めはレバー抜きに限るよね~。レバーは好きやけど、高いからね~。

というワケで、次なるステージへと進んだズーマー製作!

・・・・のつもりでしたが、下痢で便所に篭城していたときにひとつのアイディアが出た!お尻からも何か出た!!

トイレから飛び出しオレが手にしたのは、先日すでに完成したリアスポイラー。

Img_5218


コイツの端の部分をザグリたい!いや、ザグリじゃなくて凹加工を施したい!!Digりたい!!

何を言ってるのかサッパリだとは思うけど、とにかく上の画像の黄色い部分を削り取りたいのだ!!

何ていうか、このリアスポイラーに関しては、先に完成イメージみたいなものをこのブログでは一切書いていないので、一体オレが何をやってるのか、何をしようとしているのかっていうのがよくわからんとは思うんやけど、そもそもオレがここ数週間かけてアクリル板で製作しているのは、何を隠そう『リアスポイラー一体型のテールランプ/リアウィンカー』なのだ!!

だからアクリル板で作ってるのである!!
3mm厚のアクリル板は一番外側のカバーに。そして8mm厚のアクリル板はその内側に配置してテール/ストップランプにし側面を光らせようと目論んでいるのだ!

で、

それならウィンカーはどうすんの?どこに配置してどういう光らせ方をすんの?っていうのをずーーっと悩んでた。かれこれ一ヶ月は悩んでいた…。
しかし、一向に良いアイディアが出ず、ラチがあかないので、「まあ、やってるうちに何か良い方法を思いつくだろう。」と、ウィンカーのことは先延ばしにして、先にアクリル板をカットし、曲げ、整形していたのだw

で、そのウィンカーをどうするかっていうのをトイレで思いついたっていうw

まあ、そんなワケでとりあえず厚さ8mmのテールランプになる予定のアクリル板にトリマーで凹加工を施しました!この凹部分にウィンカーが収まるようにしたいのだ!!

Img_5220

まあ、ミスったんやけどw

画像ではわかりにくいとは思うけど、端の部分が欠けちゃった!
通常ならこれくらいの「欠け」は修正すれば済むんやけど、コイツはテールランプとして光る部分。透明でないといけないのでパテによる修正は不可能。

そもそも、こんなに深く削る予定ではなくて、最初は8mmの厚さに対して半分の4mmの深さまで削る予定だったのだが・・・、削っては端が欠け、その欠けを隠すためにさらに深く削ってはまた欠け・・・っていうのを繰り返し、ここまで深く削ってしまったのだ。\(^0^)/

カットや曲げ加工をする前に凹加工をしておけばこんなことにはならなかったんやろうけど、アイディアっていうのは後から出てくるものなので・・・。

そして、修正は不可能。それに8mmのアクリル板なんてもう持ってない。
いや、持っていたとしても、また切って曲げて整形してなんていう作業を繰り替えずガッツもない。


・・・地味に詰んだw


再びトイレに篭ること数時間。
どうしよう。ここまで頑張ってきたのに、あの部分が欠けちゃったらどうしようもないじゃないか・・・。
もう凹加工は諦めてその部分はカットしちゃうか?
いやいや、それはオレ的にはカッコよくない。
じゃあ一からやり直す?
馬鹿言っちゃいけない、そんな資金もガッツもねえべ。



オレは荒れた。。。

それからというもの、駅の便所、公園の便所、実家の便所、知らない家の便所、肉便器を渡り歩いた。
便所で起き、便所で歯磨き。便所で食事。便所で幼馴染に再会。便所で乾杯。便所で行水。

そして、便所で出産の手伝いをしていたその時に閃いた!!!割烹着姿のオレが思いついた!!便所の水を沸かした熱湯を妊婦にぶっかけた瞬間にアイディアが出た!!!

そうだ!金太郎飴の理論でミスった部分だけをカットすればいいじゃないか!

急いで作業場に戻りカスタム再開であるッ!!!

Img_5222

真ん中にマーカーで引いたラインの部分でカットして下半分を破棄することにしました!
よく考えたらテールランプがこんなにゴツくなくてもいいし、そもそもカバーで隠れる部分!こんなに幅がなくてもいいじゃないか!!

しかも今回は「欠け」を作らないためにあらかじめカットする前に凹加工を施しております!
というワケで潔くカット!!

Img_5225

Digった面は欠けもなく綺麗!!

Img_5226

この凹部分にウィンカーを入れるのだ!!

まだまだヤスリがけなんかをして形を整えていかなければならないけど、これならいけそう!

じゃあちょっと便所に行ってくる!

| | コメント (7)

« 2013年1月27日 - 2013年2月2日 | トップページ | 2013年2月10日 - 2013年2月16日 »