« 光をください | トップページ | 研磨と修正 »

2014年1月 8日 (水)

1μm

Img_0061

どうも!今年も懲りずにお金を投げ捨てる催しに参加してきました!!
ネットで決済できるようにすればいいのに、神社ってホンマ遅れとんな~!


さ~て、そんじゃあ年末に出来へんかった外装の仕上げをやっていきますか~!

Img_0056

今回艶出しに使うコンパウンドは2種類!
定番のピカールとソフト99の液体コンパウンド超鏡面用です!

ネットで調べたらピカールの粒子は最初は10μmでそこから磨いていくことによって粒子が砕け、最終的には2~5μmにまでなるんだとか。

対してソフト99超鏡面用の粒子は1μm。つまり、ある程度ピカールで磨いたあとにソフト99でギンギンに仕上げてやろうってノリ!

そんじゃ最初はお試しでカウルの一部分からやってみまスカ~。

Img_0057

ちなみにカウルは耐水ペーパーの1000番でガッスガスにした状態からのスタートです!

ぬおおおおおおお!!!!ってな感じで着古したTシャツにピカールを数滴垂らしてコスリ連射。

Img_0058

おお!いきなり綺麗になった!w

ピカールだけで十分やん!!

Img_0059


これソフト99の出番ないんじゃないの?


ままま、そんじゃとりあえず片っ端からピカールで磨いていくとしま~っす!!


Img_0079



Img_0081


シコシコシコシコシコシコシコシコ・・・・・・


Img_0082

シコシコシコシコシコシコシコシコ・・・・!!
コシノジュンコと年越しシコシコ!コシノヒロコと年越しシコシコ!コシノミチコと年越しシコシコ!


・・・・!


・・・はううっ!!(昇天)


Img_0086

キュピーーーン☆

ハァハァ・・・ゼエゼエ・・・結構疲れたけどツヤツヤになったぞ~!!



って、びゃああああああああ!!!!

Img_0084

しもた!コシノジュンコのことばっかり考えててついついコスリすぎてもた!

あんれ~。
クリヤーを通り越して青までいっちゃってたか~。


・・・ままま!
こいつは後から修正しよう!どうにかなるっしょ!

やっぱ凸部分は削れやすいみたいやから注意しながら磨いていこ!

でもほかの部分はかなりピカピカ!元が1000番で断念したからちょっと筋は見えるけどパッと見は新車並の仕上がり!

Img_0087


Img_0088

次はクランクケースカバー!磨く前の画像は消してしまったんで無いけどこんな感じになりました!

Img_0091


Img_0092

うーむ。マジでもうピカールだけで良いのでは・・・。

それにしてもシンドイしつまらんわこの作業。


そんなワケで正月から毎日毎日少しずつ、時間を見つけては磨くキャンペーンを実施中!もうただの苦行でしかない!!

次の相手はお前だ!リアフレーム!!

Img_0096

コイツはちょっと試しにピカールのあとにソフト99でも磨いてみます!


Img_0097

↑これが


こうなる↓

Img_0101

キュピピーーン☆☆

ああ~~、画像ではあんまりかもしれんけど、肉眼やとよくわかる!
ピカールだけの時に比べてさらにチ~ュルンチュルンになる!!


Img_0103


Img_0104


Img_0107

どや!!
部屋が写りこんでしまうくらいにテュルンテュルンになりました!
すげえよ1μm!!!!


ヤベえ・・・自家塗装感が無いわ・・・・


でもそれ以上にオレの飽きがヤベえ・・・w


まだ磨き待ちのパーツが部屋にゴロゴロあるし、ピカールで磨き終わったのをもう一度ソフト99のコンパウンドで磨くことを考えたら・・・出口が見えねえ!!!

|

« 光をください | トップページ | 研磨と修正 »

コメント

ごぴおさんの「暗いと不平を言うよりも、進んであかりをつけましょう」はラジオやテレビ番組でおなじみ「心のともしび」のフレーズですな。あのフレーズは心に残っています。

と言うか、社会人になって、仕事への向き合い方の基本にしています。いや、人って言っても動かないでしょ?もうね、役職とかないと特にね。舐められているのか?つーくらいね。なので、人は当てにせず自分から動くようにしてるんです。人に指示しての、その人がやらないの見てると腹立つでしょ?

だからもうね、自分で。セルフwwww どこかで誰かが見てるんだろうし、いや、見られてようがどうしようが関係ないんだけどwwwやってるその姿を見て、「あいつ、何一人でやってんのwww」という人もいるでしょうが、自分自身が気分が良いならそれでよしなんです。

気がつく人はちゃんと気がついて、後に続くし、そうじゃない人もいるだろうけど、それでいいんですwww究極の逃避とも言える力技ですが、それをやるにはそれ相応の準備と技量と責任が伴うので、気も配るし、(配らないところは思いっきり配らないけどねww)根回しもするし、「全部背負ってばーっとやるわ」くらいの気概がないとね。できない訳で。

そういう意味では、この精神で仕事してて、随分スキルは上がったので、良かったなぁとwww怪我も多数してますがwww

閑話休題

 何か奥に謎の部屋がある!バルキリーの絵が?そこはあれだな、オタク部屋だな!wwww同じやからの匂いがプンプンするぜぇぇー!

つか、あれ?そこがDJ&PC部屋?別に部屋があるの??4LDK?? 

面白くなさそうな面白そうな微妙なご尊顔ですがwwwWARSTさんはその髪型が一番に合うよw好青年だ。茶色の時は結構怖い感じがするおwwwwどういうアングルで撮影しているかわからんが、広そうだな~日当たりもよさそうだな~。羨ましいぜ!!

こちらはもう吹雪いたり雪積もったり晴れたり訳判らんですが、例年よりは積雪が少ない。が、凍結箇所もあり…。満を持して改装したミニカー+スパイクでゴリゴリ走行してますが、手が死ぬwwww

前にWARSTさんに「もうね、思いっきり通勤仕様に振るのもありじゃないの?」と言われたの思い出して、とうとうハンドルカバーに手を出しかけたが、あれね、危ないって。危険回避するときに、手がとっさに出てこなくて、最悪車体ごと持ってかれるって。やっぱ怖いじゃない、それ。

で、これもWARSTさんに教えてもらった電熱グローブと、樹脂製のグリップカバー(某オクで大量に出ている半透明の楕円のあれ)を投入予定!電熱は電源がいろいろとり方あるんだけどね~。寒さを制してこそ、真のライダーだ!冬は4輪に逃げたりしないぜwwww必要は改善の母ですな。まぁ、本当はカブにつけている人も多い、フェンダーみたいなカバー。あれが最強らしいけど。取り付けできるバイクを選ぶよね…。

閑話休題

 これ、サンダーにバフつけて、ざっと研磨。細かいところは手作業で効率化はかれないの??そんでいつもテッシュが写ってるwww作為的な絵を取ってるね?www

投稿: Rice Long | 2014年1月 8日 (水) 11時53分

こんちゃっす!
産道(参道)でそのポーズは流石っすね☆
例の関根麻里のカニのヤツっすよね?w


コシノ三姉妹?でこすってる時の表情…
悟りでも開かれたんですかね?ww


俺もバフ使ったほーが早いと思います☆

投稿: かず | 2014年1月 8日 (水) 16時34分

おおっ!ピッカピカだ〜❗️

如意棒くんも1μmのコンパウンド塗ってシコシコすればピッカピカになるはずー。多分、恐らく、きっと…。

投稿: ごぴお | 2014年1月 8日 (水) 20時58分

ピカール師匠だ

我が家のピカール師匠は一昨年の夏、白濁した液体を出し切って永しました
テクノブレイクです

投稿: ぼる太 | 2014年1月 8日 (水) 23時18分

なんかEdyで奉納出来る神社が登場したらしいですねw
先日の冬コミでも電子マネー使えるサークルが現れたとかで...
http://rocketnews24.com/2014/01/06/402252/
http://matome.naver.jp/m/odai/2138838405271900301

関根麻里と言えばWARSTさんが3AAのカウル直してた時にチラシの麻里トリスで遊んでたの思い出しました。

投稿: Lunar_Blaster | 2014年1月 9日 (木) 21時17分

もっかい落としてループさせようぜー

投稿: ipoo | 2014年1月 9日 (木) 21時25分

「ズーマー 関根麻里」で検索wwww

投稿: かず | 2014年1月 9日 (木) 22時50分

>Rice Long
よくお気づきでw
まさしくバルキリーです!ここがpc部屋やで!

サンダーだと回転が速すぎてちょっと油断したらすぐに塗膜通り越してくれちゃうのよ!

>かず
関根麻里は相変わらず神経を逆なでしてくれるよね!
いくらくらい払ったら殴らせてくれるんやろう。

>ごぴお
なるほど!ちょっと今から試してみます!

あ、でもその前に1000番の耐水ペーパーでコスらないとダメなんですよね?

>ぼる太
ええ、実はウチのも二代目なんです。

>Lunar_Blaster
マジでwwwwwwwww
冗談で言ったつもりがすでにあったんや!

麻里トリスとはもう長い付き合いになるからな~。たぶん向こうも俺のこと意識してるんじゃないかな~。

>ipoo
ありえそうだから困る。

>かず
麻里ちゃんが燃えてる!!!!

投稿: WARST | 2014年1月11日 (土) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光をください | トップページ | 研磨と修正 »