« エンジン組み立て | トップページ | ラジエターカバー完成! »

2014年2月26日 (水)

Re:自作ラジエターカバー!

産婦人科の先生って毎日毎日辛いんだろうなあ~・・・。
どうも!ナニワのドピュリストWARSTです!
好きな飲み物はオリモノで~す!

製作中のVF-25G痛バイクに取り付けるリアサスペニスョンが届きました!

Img_0476

ウム!安モン!

少し短めにしようと思い、今回はJOG用の220mm のサスをチョイス!

これがポンで着くんですな~!もちろんズーマーにもポンで装着可能!
これで短足のオレでも脚付きが良くなるっちゅうワケさ~!

でまあ、それは置いといて、エンジン組み立ての続きなんやけど、作業中に気付いた!
いや、薄々気付いてはいたけれど気付かないフリをしていたことにとうとう直面してしまったのだ!

Img_0473

そう!ラジエターカバーがない!!

いや、無いこともないんやけど、ここまできて純正ラジエターのまんまってのも味気ないっつうか、よく考えたらマフラーもそうやけど、車体右側下部が結構寂しいんスよ!このままいっちゃうと!

左側は駆動ケースも青に塗ってるしそれなりにパッとするんやけど、右側は結構色もなくて暗い印象。

じゃあめんどくせえけど作るしかないか!ってことで組立作業を一時停止してラジエターカバーを制作することにしました・・・

とりあえず、ラジエターを正面から撮影して、ビス穴の位置を測定・・・しようかと思ったんやけど、よく考えたら黄色ズーマーの時にもラジエターカバー作ってたっけ!と思い出し、Googleで「ズーマー ラジエターカバー」で検索!

発見!!
http://warst.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-679c.html


おお、ちゃんと寸法も書いてあるじゃんか!
横幅17.5mm×縦幅71mmね!ナイス自分!!


あとデザインもこのまんまでいいじゃん!またイチからデザインすんのも面倒だしw

ってことでパソコン内のデータを探すも見つからず。




あ、そういえば一回ハードディスク死んでたんや・・・・。


仕方がないのでやっぱりラジエターを撮影して取り込み、泣く泣くイラストレーターでデザイン!!\(^0^)/メンドクセ!!

Img_0478

でも形を考えるのはやっぱり面倒だったので、前回とほとんど同じシルエットにしときましたw

で、そいつをNEWプリンターでプリントアーウッ!!

Img_0479

やっぱプリンター買い換えて良かったわ~!

そして家に転がってた3mm厚のアクリル板に貼り付け!

Img_0480


外枠から樹脂カッターで切り取リス~~☆

Img_0481


内側はホールソーとサンダーを駆使してゴリゴリ姦通ゥ~~!!

Img_0485



Img_0488

だいぶそれっぽくなってきたズラ!

あとは風呂場でエアーベルトサンダーでさらに細かく整形!

Img_0489

ベルトサンダーをはじめてまともに使った気がする。

仕上げに耐水ペーパーとリューターでバリを取って完成!!

Img_0490

おお!急いで作ったから細かいところは雑やけど十分それっぽいじゃん!
ちなみに表面は塗装の脚付してあります&ラジエターは予備のものです。



つづく!!

|

« エンジン組み立て | トップページ | ラジエターカバー完成! »

コメント

めんどくさくなってないやんー
ってことは今回は失敗か!?

投稿: ipoo | 2014年2月27日 (木) 08時00分

あれ?前の記事には自分、何も書いてないんだなwwww

ラジエターカバーはホンダ4ストスクーターのカスタムで言えば本当に入り口の部分で、ポンで簡単に交換できるし、なかなかインパクトのある場所だから、交換のし甲斐もあるって事で、カスタムはまずはこの辺から!という所だよね。敷居も高くない割りに、結構目立つというかやった甲斐のある面積というか場所だよね。

自分もズーマー弄りはまずここからでした。懐かしいwwwまぁ木島のアルミカバーをポンなだけですがwww他には武川のやつをストックで持っているけれど、こいつは買ったときはゴールドで目立つ存在だったんだけど、いつの間にか退色してしまいただのシルバーの板になっちまってるww

他には某オークションで出ているノーマルに鍍金ものとか、様々ですが、WARSTさんのように自作も簡単にできる位置だから面白いよね。とは言え、ちぁんと図面的に起こして作っているのだから流石と言うか、几帳面ですなwwww

これ、弐号の時だよね。一番ミーティング出席率の高い弐号wwww他にはマフラーのエキパイ取り回しとか、武川デジタルメーターとか、TPのフェンダーとかLEDとか懐かしいなぁ。

最近は写真の端にたまに見かけるだけですが…WWW んで、肝心のデータがHDDとともに消し飛んだわけですな~。


消し飛んだといえば、自分のBDレコですが、なんとHDD逝きましたwwwwwおいwwwwwwちょうどディスクに退避させようと作業してたまさにその時!なぜか空のBDディスクを認識しないんで、リセットしたんだけど、思えばこのときにリセットしなければどうにかなったかもしれないんだよなぁ~。

その後再起動してもシステムエラーを吐いて二度と起動しませんでした。空ディスクも入ったまんまだしwwww仕方ないから修理に出したら、2万5千円だそうだ。しかも、交換したHDDは返還しないと言う。デッキ類とか家電品って、修理すると交換した壊れたほうの部品を証拠品の如く一緒に返却してきて「産廃乙wwww」なんだけど、今回は一切返却しないという。うーん。

HDDが返却されたら、いろいろ解析してみたかったんだよなぁ。何処製のHDDだったのかも気になるところだし。

そもそも、デッキが壊れたんじゃなくてHDDが壊れてるんだから、製品を作ったメーカーも可哀想と言えば可哀想なんだけどね。そういう観点で考えると、BDレコってメーカーが作っている部分って肝の部分の描画チップとか、制御基盤とか、OS的なGUIとか描画エンジンなんだよね。で、肝心のアナログな駆動部分は全部外注品の寄せ集めで、この辺は何も作っていないという。買ってくるだけなんだよなぁ。ビデオデッキやテープデッキのころの何というか職人技みたいなものはもうないんだよねぇ。

ま、一番残念なのは、録画したデータがまるっと消去(HDD交換だから当たり前だが)される事、これが一番痛い。京兄信者の自分としては「たまこ」や「境界線」がちゃんと見ていないのに喪失したというこっちの方が損害大。金払ってどうにかなるものならどうにかしたいところだけど、この辺は無慈悲に消去wwww

で、さらに問題なのは前のHDDのシステムで認識させていた外付けHDDも認識しなくなるという事実。幾ら退避させても、最終的にはディスクに逃がさなければならないということ。認識してはいたが、まさかバックアップさなかに逝くとは思いもしなかったwwww

まぁこうなってしみじみ思うのは、HDDのなんと脆弱なことよ。こんな脆い物に大事なデーターを預けているのかと思うと、ちょっち怖いねwww会社のデータなんかは、DATに記録させてるし、やっぱアナログ最強なのかもしれないなぁ(バックアップに一日かかるけどねwww)

BDレコなんかも、もう少しPCライクなシステムにして欲しいよ。HDDに投資はするけれど、マスターがだめになったらバックアップも認識しないとかはちょっちなぁ。著作権とかデジタルコピーとかの問題はあると思うんだが、真面目なユーザーも割り食うのはいかがなもんかなぁと…。

あと、風呂場の黒ずみはちり紙に塩素系洗剤を吹き付けて放置してからブラシで掃除すると、きれいになるよ!ww

投稿: Rice Long | 2014年2月27日 (木) 16時09分

>ipoo
フッ・・・それはちがうぜ。「今回も」だ!!!

>Rice Long
京兄信者なのにたまこと境界線をちゃんと見てない違和感!!

風呂場はねえ~。メンドクサくてw
カビキラー買ってきます・・・。

投稿: WARST | 2014年2月28日 (金) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンジン組み立て | トップページ | ラジエターカバー完成! »