« ストフェス2014 | トップページ | ストフェス2014その2 »

2014年3月23日 (日)

当日まで

というワケで何とか乗り越えてきたWARSTです!

この数日はホント忙しかったー!ストフェスまでのラスト二日間は残り時間とにらめっこしながら怒涛の流れで組み立てていきました!!

まずは前々回からの続きです!

やっぱりどう見てもメッシュホースが長いんですわ~。

Img_0886

もうこれは取り回しを変更しないことにはどうにもならんねんけど、エア抜きまでしちゃったが故に簡単にはいきまっしぇ~ん!

かといってこれをそのままってのは許せんので、一番時間のかからない方法を取りました。

Img_0887

フロントフェンダーを取り外してマスターシリンダー側をステムのしたから潜り込ませる!

これだけでも結構メンドイ…。

でもその甲斐あって超スッキリ!!

Img_0889

ヘッドライト召還!ウインカーもペ~ロペロ!

Img_0890

しかしウインカーを接続している時に、このウインカーがLEDであることと、純正のリレーをすでに取り付けてしまってることを思い出す…。

ああ、LED用のリレーに変えなければ…ってこんな奥まったところにリレーあんのかよ~~。しかもピンの形ちゃうやんけ~~!とか嘆きつつエッチラオッチラ交換。

Img_0893

なんてことしてたら、並行してマフラーをお願いしていたKOCくんからマフラー本体の完成がメールで送られてきた!

Img_0916

おおおおお!!!!カッコエエやんけー!!!

しかし喜びと同時に焦りも倍増!!


なぜならこのマフラー、ステーが無いのでござる。


むしろ、ステーが有るとか無いとか以前に、これからステーの構造を考えなければならないっていう段階。

残り1日でw

んまー、こうなったら兎にも角にも突貫でテキトーに溶接だけでもしてもらおう!!と特に策もないままズーマーの純正マフラーからステーの部分だけを切り出す!!

Img_0905

コイツをどうにか本体に溶接してもらってあとはどうにか・・・!

と思ってたらKOCくんがわざわざ気を利かせてマフラーを届けに来てくれました!

Img_0919

「って、持ってきたら溶接できへんやん!!」

「どうにかなるっしょ~!」

「どうにもならへんわい!!」

「ほなまた明日やりましょ~。」

「いやもう時間あらへんて!!!」

「はははははw」

という噛み合わないやりとりをし、彼はマフラーを置いて去っていったw


ラスト一日でこれをどうしろと…。

とか何とか言いつつ、ストフェス当日の午前0時ごろ、ステー完成!!

Img_0924

鉄板を切り出してカラーで誤魔化そうと思ってたんやけど、KOCくんのアドバイスでカーボンを切り出して作ったので加工時間が大幅に短縮!!

…ま、グラグラなんですけどねw

で、エンジン積んだりフロントカウルを取り付けたりして何とかカタチになったのが午前2時。そこから車の助手席と後部座席を取り外してバイクを積み込んだのが4時!

Img_0928

いざポンバシへ!!!

実はスマホのアプリでずっと確認してたんやけど、午前2時45分の時点ですでに痛車駐車場と呼ばれる例の駐車場は「満」の表示になってました~。

まあでもオレはバイクやし、どっかそのへんにでも捨てて帰ってくればいいかって感じで出発~~!

現地に着いたのが午前5時。痛車駐車場はアプリで確認したとおり満車!
で、例年と違って今年はその周辺にバイクや自転車が置けない対策がなされてた!

あんれま~、じゃあどこに捨てりゃあエエのんよ~。と周辺をグルグル回っていると、去年エヴァンゲリオンジェンマ(だっけ?)が止めてあった駐輪場を発見!

ここはオタロードで人の通りも多いしちょうどいいじゃん!ってことで迷わずBITEを駐輪!

Img_0929_2

ただ、真横に生ゴミが捨ててあってものすごく臭い。。。


この時点で周りの駐車場はどこも満車。通りにはそれっぽい人々が歩き回ってる状態。

まあ何とかバイクも停めれたし、任務完了やな!

つづく!

|

« ストフェス2014 | トップページ | ストフェス2014その2 »

コメント

全然関係ないけど、今日、ミュシャ展に行ってきたよ。

 アールヌーヴォーの代表。芸術を一部の金持ちに与えられた特権ではなく、一般に広め、身近に感じられるようにしたその功績たるや。そして、チェコの民族紛争、国家分裂に美術の視点から深く造景し、晩年はドイツ第三帝国の侵攻に心を痛めつつ、天に召された偉大な画家。

 自身の絵は貴族から援助を受けて勉学し描き続けられたのだけど、自らポスター、菓子の缶、包み紙、香水や石鹸の外包み、企業の宣伝ポスターにカレンダーなど、積極的に絵を描き「これは芸術ではなく美術であり、身近に置かれ、鑑賞されることにより心を豊かにし、生活を向上させる。これが人の生き方の向上につながるのであり、一部の特権階級により愛でられるいわゆる「芸術」とは一線を駕する。民生の美術」と言う実に奥の深い方向性により描かれているという。

 そして、意外と知られていないのだけど、宝飾品やインテリアライトなどの立体造形物のデザイン、演劇の衣装、舞台のデザインなども手掛けている。関係ないけど、ペンダントや指輪がすごい素敵なんだよ。あのミュシャの曲線が立体になる事の素晴らしさ。ゴールドのリングのフレームの中に浮いているようにマウントされているトパーズ。RPGに出てくるアイテムなんかより、はるかに美しい。

 その圧倒的な画力と迫力にはまぁ、圧倒されました。そして、ミュシャの影響を受けた日本の漫画家、アニメーター、イラストレーターの如何に多いかってこともよく分かったwwwwパクられまくりだもんなぁ。書き方から構図から。

 繊細な線はGペンで描かれたが如くだし、意外とパステルや、木炭、鉛筆のイラストも多く、油絵なんかは少ししかなかった(まぁこれも財団が持つコレクションの一部分にすぎないから、もっといろいろあるんだろうけれどね。)

 そして、出口の物販では絵葉書やら画集がガンガン売れていた。ミュシャが描いた遺産が、現代でも通用するという証明のように。

 萌えとクールジャパンの総本山、ここ日本でもチェコの偉大なイラストレーター(敢えてこう言いたい)ミュシャの人気は非常に高い。始祖にして頂点。現代にも通用する「普段使い」のアート。本物は時空を超える。

 さて。クールジャパンの未来はどっちだ?wwwどっちだったんだWARSTさん?!

投稿: Rice Long | 2014年3月23日 (日) 17時01分

毎回楽しく勉強させてもらってます!
ウィンカーリレーの場所が分からないのでまた暇な時にでもカスタム方法教えてください(-m-)” パンパン

投稿: あらた | 2014年3月23日 (日) 19時37分

すみませんでした。
嫁に、あんた酔うとるから
迷惑かけるさかい行きなさんな。
て言われてました。

ご迷惑おかけしました。

投稿: けんごろー | 2014年3月23日 (日) 23時46分

>Rice Long
普段使いも何も!実はまだ完成してなかったりして!
まず普段使える状態になってからですw

>あらた
ネック部分です!
フロントから見て、ホーンの左下あたりですよ!

>けんごろー
酔ってたんですか~!
じゃあまた今度一緒に飲みましょ~!!

投稿: WARST | 2014年3月25日 (火) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストフェス2014 | トップページ | ストフェス2014その2 »