« リアルミーティングに行ってきた! | トップページ | いろいろ »

2014年9月22日 (月)

再開!

コラコラー!!そんなとこに糸付き飴入れちゃダメー!!糸が出てるからバレバレだぞ!
エ!?タンポン?こりゃ失礼~☆

ハァ・・・男性用タンポンの発売まだかなあ・・・あ、どうもWARSTです!!

そろそろズーマーを触りたくなってきたので作業を再開しようかと思ってるんですが、なんせ部屋が汚い!

Img_3338

片付けられない系女子みたいなかわいいもんでもなく単純に小汚い・・・

目当てのズーマーに辿り着くのもひと苦労です。

Img_3365

ある程度整理整頓をしつつなんとか辿りつき、作業再開をしようとしたんですが、今度は見つからないパーツとかもあり途方にくれるの巻。

Img_3032

一年も放置してたしなあ・・・w

うーむ・・・どこからはじめましょうか

Img_3031


とりあえずパーツも見つからないのでリヤ周りは見捨ててフロント周りをイジってみることにすっかな!
よし、まずはメインフレームとRAT KOUBOU製アンダーカウルを取り出してまずはイメージ作りからだ!

Img_3369

おまるにしか見えんなあー

これさ、バイクを知らない人とかが家に入ってきたら卑猥なことをするための道具だとかって思われへんか心配やわ~
「ペニスはどこに挿すんですか?」とか聞かれたらどないしょ~!

なんてくだらないイメージしか思い浮かばないのでとりあえずはメインフレームのバリ取りや今後のための加工をすることに決定。まあ何やかんややってるうちにいろいろ思いついたりするはずさ!

Img_3371

今回はアンダーカウルを装着するのであんまり細かい部分まで綺麗にする必要はないねんけど、チラ見えしそうなところはしっかりやっておこうと思います!

特にネック部分はフレームがムキ出しになる予定なのでキッチリとバリ落としをやっとくのだ!

Img_3372


ま、適当なんスけどねw

Img_3373

こんなもんでいいっしょ!

あ、そうだ!首のサイドにハーネスを通すための穴も開けておこう!

Img_3374

だいたいの位置にマーキング。

で、ドリルでドーン!

Img_3376

とは言ってもオレの持ってるドリルじゃあこの大きさが限界なのよネ~!こんなんじゃあメインハーネス通りませんずり~!
一応ステップドリルも持ってるんやけど、穴の裏側にあるフレームの強度を出すための格子みたいな部分に当たるので使えぬ!

うーむ・・・と悩みつつおもむろにサンダーで切り込みを入れる

Img_3377

で、その切り込み部分にマイナスドライバーを当てて、上からハンマーでドゴーーン!!

Img_3384


Img_3383


Img_3392

いけた!!

アルミフレームで柔らかいっつうのもあったんやろうけど意外にあっさりと!しかも綺麗に穴を開けることができました!!!

いや~、最初にドリルであけた穴はいったい何だったのか・・・

あとは細かい部分を綺麗に処理すればオケオケオッケーだヨ~~!

ってことで秘密兵器の登場だ!

Img_3393

ベルトサンダー!(声:大山のぶ代)

普段は股間に当ててヒイヒイ言いながら使用しているこのベルトサンダーですが、今日はフレームのスムージングに使うのだ!

Img_3395

アルミ粉が飛ぶといかんので風呂場ですw

ていうか驚くほどのスピード!一瞬で綺麗になってくれました!!
うーん・・・これならほかの部分のスムージングもベルトサンダーでやった方が早かったかもw

そんなこんなで一応綺麗になりました!

Img_3396

え?そんなに綺麗じゃないって?

いいのいいの!ここはカウルで完全に隠れる場所だし、バリさえ取っておいてハーネスが傷つかないようにさえしとけば問題ないのだよ!!

ちなみにこの部分にも穴を開けておきました!

Img_3397

首から入れたハーネスが戻ってくる部分ね!

首の裏側も加工してハーネスの通り道を確保しておいたべ!

Img_3398


で、流れでそのままフレーム塗装!

Img_3412

一気にウレタンクリヤーまで吹いてチュルンチュルンにしときました!!

いや~、一瞬でここまでやれちゃうとはさすがやなオレ!


Img_3401

つづく!

|

« リアルミーティングに行ってきた! | トップページ | いろいろ »

コメント

前回余裕がなくてスルーしたんだけど、確かに、一頃同じようなズーマ-ばかりだったのが、ここにきて頭一つ抜けたというか、吹っ切れたというか独自路線がどんどん出てきたよね。

何かの縛りにあっていたかのような画一的なカスタムから脱却できたのは、飽きたと言うの勿論あろうけれど元々、ズーマーってカスタムパーツやカスタム方法が原付界隈ではかなり豊富に出すぎてんのよね。きっと。

漠然とノーマルから脱却したい!と思ったとき、ネットやらで「ズーマーカスタム」と検索し、関連商品をぽちって、サンデーメカニックで取り付けすればそれなりになっちゃうんだよね、良くも悪くも。

しかも、結構な完成度になってしまうんで(これはズーマーがノーマルでもそこそこ、完成度の高い特殊なルックスをしているからだけど)満足しちゃう(自分もそうww)

そこから発展してきたのが少し前の流れだった気がするんだけど。これで飽き足らないユーザーがフレームを刻んだり、ロンホイ、太足と進化を進めるんだけど、これらがこの界隈のトップランナーになると、「俺もそうしよう」となる。これは前述の通り、それらのカスタムが非常に完成度が高いので、「俺ならこうするぜ」と言う思考が停止してしまうんだろうと推測する。

こうなると、「俺もあのかっこいいズーマーに乗る!」となり、また似たり寄ったりのズーマーで溢れかえるという循環だった気がする。保守的といえば保守的。

しかし、今回のミーティングの写真を見て思うのは、ステーバリバリとか、スマートなカスタム、エンジンからして既にズーマーの面影が皆無なものなど、「他所は他所、うちはうち」と言う所謂「縛りが解けた」感じに見受けられるマシンが多くなった気がする。こうなると面白いよね。アイデア勝負。

ただ、ズーマーユーザーは「原形を留めない物はズーマーと呼ばない」みたいな流れはあるようで、エンジンだけズーマー。あとはまったく別物ってのはあんまり見かけないね。「ズーマーという括りの象徴であるフレーム構造の車体に、いかに面白いものをインストールするか」の勝負みたいな。

 でも、これはこれで燃える要素があると思う。「限られた物の中で、いかに個性を出すか、制限下で最大のパフォーマンスを発揮する為にはどうするか?」と言う。そこで、「ああ、こういう解釈ね、はぁ~!!」と言うのが個性に彩られてくるのは非常に面白いね。

 あと、過去、先人たちが作り上げたカスタムは既に方法論として確立され、一つのジャンルとして昇華されている感じもする。「この方式のカスタムにこのパーツね、このカラーリングね」みたいに、ベースとして受け継がれていくという。

 これは目新しさはないんだけど、従来のカスタム方法がベースとなり、「その中に更にインストール、アンインストール」となっている気がする。まぁこうして見て行くと、やはりズーマーというバイクは奥が深いね。

 閑話休題 

 久しぶりにズーマー洗車したんだけど、手が生傷だらけ。手袋しなかったからなんだけど、フレームの彼方此方にバリがあるんだよね。中華パーツほど酷くはないんだけど。んで、フレーム構造の一本一本を磨くんだけど、その作業で手がひっかかったりしてね。WARSTさんがバリ取りしてて、「おお、タイムリー」と思っちまったです。

 まぁ、洗車時に気をつければいいだけなんでいちいちバリなんか落とさないけど…w

 それにしても磨きがいのない構造だよなぁ、と思いながら磨いてたら、デジャヴ。ああ、これと似た事小さい頃からしてたわ。自転車磨くのに似てるわwww


 閑話休題

 カスタム再開!なんでもそうだけど、途中までやって、長期間、放置するとなんか腰が重くなるよね。

 あれだ、同じ感覚はRPGとかゲームやってるときに感じるね。社会人だと時間無いからさ、途中までやって、仕事忙しいと暫くやらない時間があるでしょ。

 んで、久しぶりにプレイ!「ここどこ?」みたいなwww ゲームもアニメもあれだよ、今まで見た場所までのおさらい画像とか見れる機能がほしい!重要あると思うんだけどな。

 しばらく見てない連続アニメ、プレイしてないゲームを見始めるときに、ダイジェスト版が流れるんだよ。HDDに再生状況やプレイ状況を記録しておくの。んで、再開時にそれ見ると、「ああ、把握!」ってなるじゃん。今の技術なら造作もない気がするんだがなぁ。要らないかwwww 

 今年のゲームショーはとうとう、ヘッドマウントディスプレイによるバーチャル世界でのプレイが本格化。

 家庭用ゲームも、この域に入りつつあるんだけど、小さい気遣いもほしいところよねwww

 あと、自分もシュタゲ見始めた。なんか最初はだるかったが、今、元の世界線に戻るためにDメールを一個づつ消してるところまで見てる。時間を移動する物語って、やっぱ面白いなwww 

 中二病も理解者がいると成立するんだな~夢の世界だな~って感じwwwちなみに劇中、女の子になったルカ子とデートする冒頭付近が、自分の勤め先の本社があるところですwww秋葉原駅のすぐ近くなんだよあそこww

投稿: Rice Long | 2014年9月24日 (水) 13時54分

>Rice Long
途中からオカリンがんばれ!!ってなるよね~
オレも最近久し振りにマリオカート7(最新のではなく)をやってみたんやけど、見事にスポーンと抜けてたわw
まあマリオカートにストーリーなんてないから関係ないんやけど。
でも忘れられるってのは幸せなもんやなって思うようになった!その度に新鮮な気持ちになれるし何度も経験してるのに初体験みたいな気持ちになれるし…そうだ!オレはまだ童貞なんだって思えてくる!!不思議!!

投稿: WARST | 2014年9月29日 (月) 11時50分

このずーまーまだあったんや!

投稿: | 2014年10月 2日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リアルミーティングに行ってきた! | トップページ | いろいろ »